IIJ、オンプレミス仮想環境とクラウドを連携するソリューション「VMware HCX on IIJ GIO」を提供開始

--オンプレミスとクラウドのシームレスなハイブリッド利用をより容易に実現--

 

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、お客様のオンプレミスの仮想環境とIIJ のクラウドをシームレスに連携するソリューション「VMware HCX on IIJ GIO」を本日より提供開始いたします。

 本ソリューションでは、「VMware HCX テクノロジー(以下HCX)(※)」を活用し、オンプレミスのVMware仮想環境と、IIJ のクラウドサービス「IIJ GIO インフラストラクチャーP2」で提供しているホステッドプライベートクラウド「仮想化プラットフォームVW シリーズ(以下VW シリーズ)」をシームレスに接続します。

 従来IIJ では、L2 ネットワークでオンプレミスとクラウドを相互接続し、既存のIP アドレスを変更せずにシステムを移行するソリューションを提供していますが、今般HCX を用いたソリューションを導入することで、お客様側にて発生する移行負荷を軽減し、オンプレミスからクラウドへの移行や拡張をより容易に実現します。

 (※)VMware vSphere を搭載するクラウド環境間を、ダウンタイムなくシームレスに移行できるVMware 社が開発したサービスです。

■VMware HCX on IIJ GIO の特徴

1. プライベートクラウドのハイブリッド利用を促進

 お客様の仮想環境を停止させず、IP アドレス構成を保持したままでの移行(ライブマイグレーション)が可能です。オンプレミスのワークロードをIIJ のクラウドへより容易に移動でき、既存リソースの延長として、クラウドを一体的に運用・管理できるハイブリッド利用を実現します。

2. ネットワーク構築を含めたトータルインテグレーションの提供

 お客様のシステム環境とVW シリーズ間のネットワークの設計から、クラウド環境の構築、クラウドへの移行まで、ハイブリッド利用に関するインテグレーション項目をメニュー化し、IIJ の技術力を以てお客様システムのハイブリッドクラウド利用を強力に推進します。

3. 東西リージョン間のVW シリーズ利用拡張

 VW シリーズの基盤を西日本のリージョンに新たに構築し、東西間の相互利用が可能になります(2018 年10 月18 日提供予定)。DR(ディザスタリカバリ)サイトの構築、複数リージョン間でのリソース共有やワークロード移行に最適です。

■インテグレーションメニュー

 Basic、Standard、Premiumの3 つのメニューを用意しています。

 ・Basic HCX を利用いただくにあたり、必要なセットアップを行います。

 ・Standard Basic に加え、VWシリーズのセットアップ、サイト間のL2 接続の設定までを実施します。

 ・Premium Basic、Standard に加え、サイト間のネットワーク構築を行います。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492876_01.pdf