TIS、ビッグデータを可視化して全体俯瞰できる解析プラットフォーム「toorPIA」提供のtoor社へ出資

〜製造現場、医療現場などで、異常値のリアルタイムな監視や異常値検出のアルゴリズム設計を可能に〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、AI(人工知能)関連のベンチャー企業への出資を行う「AI特化コーポレートベンチャーキャピタル」(以下 AI-CVC)から、階層クラスタリング分析によるビッグデータ解析プラットフォーム「toorPIA(トピア)」を提供する株式会社toor(本社:福島県大沼郡三島町、代表取締役:高枝 佳男、以下 toor社)に出資したことを発表します。

 toor社は、2012年1月に設立され、これまでに道路劣化診断、機械故障予知・保全、車両の安全管理など様々な分野で「toorPIA」を用いた評価を行ってきた実績を持つスタートアップ企業です。同社は、TISが運営するコワーキングスペース「bit&innovation」を利用しており、今回の出資は「bit&innovation」の利用登録が契機となり実現しました。

 「toorPIA」は、一億を超える高次元のビッグデータの高速なクラスタリングとその結果を可視化(マップ化)することで、「異常値のリアルタイムな監視の実現」や「学習データの収集が困難な機械学習による予測モデルが作りにくい領域での異常値検出のアルゴリズム設計」が実現できるという特長を持つビッグデータ解析プラットフォームです。

 TISは、製造現場、医療現場など事業の現場でのリアルタイム分析を求められる分野への、「toorPIA」を利用した解析サービスの提供を目指します。また、「toorPIA」を活用した実用的なビッグデータ解析の経験を通じ、今後、需要が増加するAI分野を含めた課題に柔軟に対応できるデータサイエンティストの社内での迅速な育成を目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492846_01.pdf