弥生、最新デスクトップアプリ「弥生 19 シリーズ」を 10月19日(金)に一斉発売

〜「法令改正対応」と「継続的な機能強化」により会計の業務効率を改善〜

 

 弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 浩一郎)は、デスクトップアプリケーションの最新バージョン「弥生 19 シリーズ(※1)」を、10月19日(金)に一斉発売します。

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 ※1 「弥生会計 19」「弥生給与 19」「弥生販売 19」「やよいの青色申告 19」「やよいの給与計算 19」「やよいの見積・納品・請求書 19」「やよいの顧客管理 19」

 「弥生 19 シリーズ」の主な強化ポイントは、法令改正への対応と継続的な機能の強化です。2019年以降、新元号や消費税率の引き上げ、軽減税率の導入など法令改正が続きますが、「弥生 19 シリーズ」では新元号への対応(※2)、消費税率10%の入力・自動計算(※3)、明細ごとの課税区分における軽減税率8%の選択などに対応します。さらに今後も続く法令改正にご対応いただくため、初年度無償で提供する「あんしん保守サポート初年度優待制度」を新たに開始します。また、弥生会計ラインアップ(※4)の自動取込・自動仕訳機能「スマート取引取込(※5)」の自動仕訳精度やAPI連携も機能強化しており、お客さまの会計業務はより一層効率化されます。

 弥生は、今後もスモールビジネスに寄り添い、テクノロジーと人の力でお客さまの円滑な業務遂行および事業の成功を支援します。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492841_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492841_02.pdf