映像・音楽収録現場でのバックアップ用途に最適!

19インチラックに1Uサイズで取り付け可能な、4ドライブ搭載の外付けHDDを発売

 

 エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、映像や音楽収録の現場における外付けのバックアップHDDに最適で、19インチラックに1Uサイズでマウント可能な、4ドライブ搭載の外付けHDDを10月下旬より発売いたします。

 機材の高性能化・小型化により、必要な機材を可搬型の19インチラックに集約し、必要な現場に移動して使うシーンが増えています。そのようなシステムに最適な19インチラックに1Uサイズでマウントできる4ドライブ搭載の外付けHDDが登場します。

 プロ仕様の周辺機器には、19インチラックへのマウントが標準であったり、Mac ProやMac miniなどをラックにマウントできるようなエンクロージャーが社外品として用意されています。しかしながら外付けHDDには、簡単にマウントできるような製品は普及しておらず、外付けHDD本体を19インチラックマウント用のトレイに載せて簡易的に固定するなど、運搬や運用に不安のある方法で使用されていることが多いのが実情です。

 “ELD-1UDBUBKシリーズ”は、3.5インチSATA HDDを4台搭載した外付けHDDで、19インチラックに1Uサイズでマウント可能です。DAS(Direct Attached Storage)が4台並んでいるシンプルな構成で、HDDは1台ずつパソコンとUSBケーブル1本で接続できます。RAID構成を排除したことで、ソフトウェアの相性問題で困ったり、RAID設定など面倒な手間がありません。

 2TB×4台搭載モデルの“ELD-1UDB080UBK”をはじめ、3TB×4台搭載モデル、4TB×4台搭載モデルの3タイプをご用意。さらに、別途ご用意いただいた3.5インチSATA HDDを収納できるように、ケース単体モデル“ELD-1UDUBK”もラインナップしています。ドライブメーカーを問わず使用可能で、最大10TBまでのドライブに対応しています。インターフェースは「USB3.1 Gen1」に対応し、USB2.0の10倍、5Gbps(理論値)の高速データ転送が可能です。USB3.0/2.0環境でも使用可能です。

 本体サイズは、可搬タイプの19インチラック向けに奥行き43cmと短めです。スロット内のHDDは前面から簡単に着脱できるようになっています。スロット内のHDDが持ち去られないようにスロットごとにカギを装備しています。HDDケース内に電源部を内蔵しており、ACアダプタ不要でACコードを直接接続することができ、ACアダプタの脱落リスクがありません。

 年中無休での電話サポートをご用意するほか、保証期間は「1年間」となっています。可搬型の19インチラックを中心に、映像・音楽の収録現場でのバックアップ用途にどうぞご利用ください。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492589_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492589_02.pdf