UiPath社、ビジネスの急拡大を受けて新たに3つのパートナープログラムを開始

〜合計50社が新しいパートナープログラムに参画〜

 

 東京 2018年10月4日 —ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下、RPA)ソフトウェア企業の米 UiPath(ユーアイパス)社(本社 米国)の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、日本でのビジネスの急拡大を受けて、3つのパートナープログラムを新たに開始したことを発表します。

 UiPath社は、UiPath製品の日本国内の企業への販売および導入サポートを行うパートナーとして、現在43社と認定リセラー契約を結んでいます。RPAは、働き方改革を促進する日本の企業や地方自治体などを中心に急速に普及しています。2017年2月に日本法人設立以降、多くのお客様にご採用をいただき、現在国内で500社以上に利用されています。そこで、増加の一途を辿るお客様や認定リセラーに、技術的なサポートを提供するための「開発リソース・パートナー・プログラム」、UiPath製品についてのトレーニングを提供するための「トレーニング・アソシエイト・プログラム(TAP)」という2つのパートナープログラムを新設しました。

 同時に、UiPath製品を利用したサービスを顧客へ販売することのできる、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)ライセンスのパイロットプログラムを開始します。これにより、BPOサービスを提供する企業は、UiPath製品を組み込んだサービスを顧客に提供することが可能になり、従来はマンパワーに頼りがちであったBPOサービスを飛躍的に効率化できることになります。例えばコールセンター業務など、企業に必要とされるサービスをよく知る企業自身がRPAを利用したサービスの開発を行うことで、様々な分野での多様なビジネススキームに合致したサービスが生まれ、RPAの普及がさらに促進されると期待しています。

 開発リソースパートナーとしては32社、トレーニングアソシエイトとしては20社が、初期パートナーとして参画し、今後1年で、開発リソースパートナーを50社、トレーニングアソシエイトを30社に拡大することをめざします。BPOパートナーのパイロットプログラムは、2018年10月下旬に開始する予定です。

 各パートナープログラムの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

 ・開発リソースパートナー

  https://www.uipath.com/ja/partners/resource

 ・トレーニングアソシエイト

  https://www.uipath.com/ja/partners/training

■初期の開発リソースパートナー ※社名アルファベット順

 エー・フレーム株式会社

 株式会社 Arinos

 アーツアンドクラフツ株式会社

 アジアクエスト株式会社

 アソート株式会社

 株式会社ビービー・ネットワーク

 株式会社 経営管理センター

 株式会社シー・エス・イー

 株式会社ドリーマーソフト

 株式会社 DTS

 株式会社ユリーカ

 株式会社フィジオ

 アイエックス・ナレッジ株式会社

 株式会社ジェクシード

 株式会社 KSK

 共同コンピュータ株式会社

 株式会社ライトカフェ

 株式会社エル・ティー・エス

 MRI バリューコンサルティング・アンド・ソリューションズ株式会社

 商船三井システムズ株式会社

 NDIソリューションズ株式会社

 日本システム開発株式会社

 NTTデータ ジェトロニクス株式会社

 六元素情報システム株式会社

 株式会社セラク

 株式会社ソルクシーズ

 株式会社システム情報

 株式会社システムリサーチ

 株式会社テラスカイ

 ユニバーサルコンピューター株式会社

 株式会社ウエルストーン

 株式会社ワイヤードパッケージ

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0492340_01.pdf