ユーザーのアプリケーションに対応する小型組み込みTOF カメラモジュールを開発

〜高精度な3 次元システム開発を短期間・低コストで実現〜

 

 東京エレクトロン デバイス株式会社(本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED)は、ユーザーのアプリケーション対応した高精度な3 次元システム開発を、短期間・低コストで実現する小型組み込みTOF カメラモジュールを開発し、2018 年9 月25 日より販売開始します。

 URL: https://www.inrevium.com/product/tofcamera/tb-tof-sq930pi-iv.html

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 現在、スマートフォンやゲーム機などに採用されているTOF(※)(Time Of Flight)方式による3 次元計測は、ドローンやロボット、車などへの採用も検討されるなど、関心の高い技術です。

 しかし、市販されているTOF カメラは、ユーザーのアプリケーションに対応するための制御基板の開発が必要、サイズが大きくて組み込みが難しいなどの課題がありました。

 ※TOF(Time of Flight)

  パルス発光した近赤外光を測定対象物に照射し、その反射時間を測定することで距離測定を行う。

■小型組み込みTOF カメラモジュールについて

 本製品は、高解像度TOFセンサーを搭載した50mm×40mm×35mmサイズの小型組み込みTOFカメラモジュールです。ユーザーは、画角やインターフェースなどをカスタマイズすることで、必要なスペックを満たすTOF カメラを開発してアプリケーションに組み込むことができ、高精度な3 次元計測システムを短期間・低コストで開発することができます。よりコンパクトなシステムでの3 次元計測を必要とするFA、顔認証など、さまざまなアプリケーションにおけるシステム開発期間の短縮に大きく貢献します。

 さらに、各種安全規格を取得しており、長期供給対応や技術サポートも行うので、量産アプリケーションへの組み込みにも対応でき、設計リスク低減や安定供給が実現できます。

 また、TED では、カスタマイズ対応や、測定した距離データをユーザーのアプリケーションで活用するためのソフトウェア開発、Microsoft Azure などのクラウド環境と連携したIoT システム構築の支援も行います。(費用別途)

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491296_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491296_02.pdf