特定業務向けの低価格AIチャットボット製品「CB4」の販売を開始

〜中堅・中小企業における問合せ業務を自動化し、サービス時間の拡大、回答品質の均質化、省力化によって働き方改革に貢献します〜

 

 日本電通グループ(※1)は、特定業務向けにお求めやすい価格を実現したAIチャットボット製品「CB4(シービーfor)」(以下:CB4)(※2)を2018年10月より販売開始いたします。CB4は特に中堅・中小企業を対象として、各種問合せ業務の自動化に活用いただけます。またISV(独立系ソフトウェア・ベンダー)との協業により、各種ソリューションの新たな価値を創出してまいります。

 今回、「CBxシリーズ」の第三弾リリースとなる「CB4」は、用途を限定することで低価格を実現しています。

 先行発売中の「CB1」は問合せ業務に広く活用できる汎用AIチャットボット製品、「CB2」は問合せ業務に加えて業務システム連携のチャット・音声インターフェイスへ発展する汎用AIチャットボット製品であり、「CB4」の上位製品として継続販売いたします。

 「CB4」の基本機能としては、「CB1」同様にIBM Watson(※3)のNLC(自然言語分類)APIを活用して、話し言葉による質問の意図を判別し、1問1答方式での質問受付・自動回答を行います。今回販売開始する製品は人事・総務関連の社内問合せ業務に特化した「CB4-人事・総務」と、IVR(自動音声応答システム)と連携して電話での問合せ業務に対応した「CB4-IVR」の2製品となります。今後も他業務で活用いただけるよう「CB4」の対応業務を追加していく予定です。

 「CB4-人事・総務」はNDKグループ社内で活用実績のある人事・総務関連問合せチャットボットの学習済みデータ・テンプレートを搭載しています。学習済みデータ・テンプレートは回答精度向上のためのチューニングがされており、回答文をお客様自社規定にあわせて修正するだけで、短期間で利用いただけます。

 「CB4-IVR」はISVであるルーシッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:今村 玲子)のIVRサービス「CallCall-IVR」(※4)オプション機能として採用されており、中小通販事業者、医療クリニック等での活用を見込んでいます。「CallCall-lIVR」と「CB4-IVR」の組み合わせは、先行して2018年9月よりNDKグループでのサポートデスクへの導入を開始しました。

 (※1)「日本電通グループ」

  日本電通株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長兼社長:上 敏郎)

  NDIソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岩井 淳文)

  NNC株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:仁司 宏一)

  四国システム開発株式会社(本社:徳島県徳島市、代表取締役社長:日下 修伸)

  エス・アイ・シー株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:仁司 宏一)

 (※2)CB4

  「CB4」は2018年4月に事業を開始しましたエス・アイ・シー株式会社「AIソリューションサービス事業:AI-Labo」が開発し、NDKグループが販売するチャットボット製品です。

 (※3)IBM Watson

  IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。

 (※4)CallCall-IVR

  CallCall-IVRは、ルーシッド株式会社が開発・販売するクラウド型電話窓口自動化(IVR)サービスです。

   ・ルーシッド株式会社 < https://www.lucidsoft.jp >

   ・CallCall-IVR < https://callcall.jp >

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491171_01.pdf