博報堂DYメディアパートナーズ、DACと博報堂アイ・スタジオと共同で独自のコンテンツマーケティング特化ソリューションの提供を開始

〜高度なマーケティングソリューション群「生活者DATA WORKS(TM)」をアップデート〜

 

 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)と株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)のコンテンツマーケティング支援チーム「#SHAKER(*1)」との協業を開始し、博報堂DYグループの高度なマーケティング・ソリューション群「生活者DATA WORKS(TM)(*2)」をアップデートいたします。

 デジタルデバイスの発展により、メディアとフォーマットの多様化が進み、情報環境が劇的に変化しています。生活者はいつでもどこでも情報行動が可能になり、情報の処理量は飛躍的に拡大しています。一方、情報があふれることにより、企業が生活者へ広告メッセージを届ける難易度が上昇していく市場環境において、コンテンツマーケティングへの注目が高まっています。

 DACと博報堂アイ・スタジオが昨年12月に組成したコンテンツマーケティング支援チーム「#SHAKER」では、生活者発想による行動・興味・意識の可視化を通じて、生活者の次の行動に結びつき、記憶に寄与する独自のコンテンツ(各種メディアや、アーティスト、キャラクター)の調達・開発に始まり、DACの媒体社ネットワークを通じたメディアバイイングやコンテンツ拡散、博報堂アイ・スタジオによるターゲット毎の最適なメディア戦略立案や効果検証を行い、生活者との情報接点の創出と維持を実現しています。

 このたび博報堂DYメディアパートナーズが「#SHAKER」へ参画することにより、「#SHAKER」は、博報堂DYグループ各社が提供するソリューションを組み合わせた統合的なコンテンツマーケティングサービスの提供が可能となります。また「生活者DATA WORKS(TM)」は今回のアップデートを通じて、より企業のコンテンツマーケティングにおける課題解決に寄与することが可能となります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491135_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491135_02.pdf