NEC、埼玉県の「AI救急相談自動応答システム」を受注

〜全国初、AIを活用したチャットボットによる救急相談の実現へ〜

 

 NECは、埼玉県から、AI(人工知能)を活用したチャットボット(自動応答ソフトウェア)による「AI救急相談自動応答システム」を受注しました。

 本システムは、県民の急な病気やケガによる救急相談の利便性向上と、適正受診の推進による救急医療機関の負荷軽減に向けて、2019年7月からの本格稼働を予定しています。

 なお、従来の電話による救急相談対応に加え、AIを活用したチャットボットによる救急相談の自動応答サービスの提供は全国初(注1)となります。

 NECは、今後もAIをはじめとする先進ICTを活用した取り組みを通じて、様々な団体・企業との連携を図りながら医療・ヘルスケアサービスの高度化に取り組むことで、安全・安心な社会の実現に貢献していきます。

 埼玉県では、救急医療体制の充実を目的として、急な病気やケガによる対処方法の相談や医療機関の案内を受けられる救急電話相談を実施しており、2017年10月からは24時間365日体制で相談を受け付けています。

 また、埼玉県における救急電話相談の相談件数は年間約15万件に及んでおり、これらの救急電話相談を相談員である看護師が1件1件対応し、利用者毎に緊急度や医療機関への受診の必要性などをアドバイスしています。

 今回埼玉県が導入する「AI救急相談自動応答システム」は、NECの最先端AI技術である「テキスト含意認識技術」(注2)を活用した「NEC 自動応答」(注3)を用いて、スマートフォン等からいつでも相談できるチャット形式による救急相談の自動応答サービスを提供します。

 本システムの導入により、県民への「手軽につながる救急相談」を可能とするサービスの提供とともに、相談員による応対業務の負荷軽減も実現します。また、聴覚・音声・言語機能に障害のある方も利用できるため、県民へのサービス向上とダイバーシティの実現に寄与します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491116_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491116_02.pdf