国内初!NFC対応スマホをATMにかざして入出金が行えるサービスを提供

株式会社イオン銀行で採用 9月20日よりサービス開始

 

 大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、キャッシュカードの代わりにNFC(*1)対応のスマートフォンをATM(現金自動預け払い機)にかざすことで、簡単に現金の入出金ができる「DNPスマートデバイス向けATM取引認証サービス」を開発しました。

 今回、株式会社イオン銀行のスマートフォンアプリ「スマッとATM」で採用され、2018年9月20日にサービスを開始します。利用者はイオン銀行のキャッシュカード情報をスマートフォンアプリに登録することで、全国のイオン銀行のATM(*2)で、入出金などが可能になります。なお、NFC対応スマートフォンを使ってATMから入出金できるサービスは国内初です。

 ◇参考画像は添付の関連資料を参照

【「DNPスマートデバイス向けATM取引認証サービス」の特長】

 ICキャッシュカードの情報を、ネットワーク経由でNFC対応のスマートフォン向けのアプリに登録する機能と、スマートフォンをATMにかざすと現金の入出金が可能になる機能をASPサービスとして提供します。当サービスの主な特長は以下の通りです。

 ○グローバルなセキュリティ基準であるPCIDSS(*3)に準拠したサーバで、安全にデータを管理

 ○高度な情報セキュリティソフトを導入し、アプリの改ざんを防止

 ○全国銀行協会(全銀協)のICキャッシュカード標準仕様を考慮した仕組みにしているため、金融機関は最小限のシステム改修で導入が可能

 ◇参考資料は添付の関連資料を参照

 ※「DNPスマートデバイス向けATM取引認証サービス」 URL:https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190310_1567.html

■イオン銀行スマートフォンアプリ「スマッとATM」利用の手順

 全国のイオン銀行のATMで利用可能なAndroid向けスマートフォンアプリです。簡単な操作で、速く、安全に現金の入出金を行うことが可能です。

1. 事前のスマートフォンでの操作は簡単3タップ

 アプリをスマートフォンに登録しておくことで、入出金取引時は、(1)アプリの立ち上げ、(2)取引内容の選択、(3)入出金額の指定という3つの手順で準備完了です。

2. ATMの操作にかかる時間は20〜25秒で従来の約半分(*4)

 ATMで、(1)「スマホお取引き」を選択 (2)WAONリーダーにスマートフォンをかざす (3)取引内容を確認 (4)スマホお取引き用暗証番号を入力の4ステップの操作をするだけで取引が完了します。

3. 安心・安全に取引が行えます

 アプリへの登録情報は全てサーバで管理しており、スマートフォンに口座番号などの情報は残りません。

【今後について】

 DNPは、認証や決済に関するさまざまな高セキュリティサービスを金融業界や流通・小売業などに提供し、安全・安心なキャッシュレス化の促進に貢献していきます。

 なお、本サービスは、10月25日(木)・26日(金)に東京国際フォーラムで開催される「金融国際情報技術展 FIT2018」のDNPブースに出展する予定です。

 *1 NFC(Near Field Communication):近距離無線通信技術の国際規格

 *2 サービス開始時は約2,400台のATMで対応し、順次拡大予定

 *3 PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard):カード会員データを安全に取扱うことを目的として策定されたグローバルセキュリティ基準

 *4 株式会社イオン銀行調べ

 *記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491065_01.jpg

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491065_02.jpg