GMOデジタルラボ×ZuttoRide共同開発

バイク業界初のバイク店専用アプリ制作サービス「Bike Shop(バイクショップ)」先行受付開始

30社限定の6ヶ月間無料!「スタートキャンペーン」開催!

 

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社、GMOデジタルラボ株式会社(代表取締役社長:山田 裕一 以下、GMOデジタルラボ)と、ZuttoRide株式会社(代表取締役:平井 伸吾 以下、ZuttoRide)は協業し、バイク業界初となるバイク店専用のアプリ制作サービス「Bike Shop(バイクショップ)」(URL: https://zr-market.jp/bikeshop-lp/ )を共同開発いたしました。

 「Bike Shop」は、バイクの整備記録の管理や定期点検のリマインド機能など、ユーザーの快適なバイクライフを支援する機能を豊富に備えたバイク店オリジナルのアプリ(iPhone(R)/Android(TM))を制作できるサービスで、ZuttoRideがバイク店向けに販売いたします。そして、本日2018年9月20日(木)より先行申込の受付を開始いたしました。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

【「Bike Shop」共同開発の背景】

 GMOデジタルラボは、店舗(企業)専用の集客支援型アプリを短期間・低価格でオーダーメイド制作する、スマートフォンアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」を提供しています。「GMOおみせアプリ」の導入店舗数は、国内最大級(※)の2,000社超にのぼり、大変ご好評をいただいています。

 一方、二輪専門の日本初の全国的なロードサービス会社であるZuttoRideは、バイクに特化したロードサービスをはじめ、盗難保険や延長保証制度などより多くのライダーが安心してバイクに乗り続けられるよう、さまざまなサポートサービスを提供する会員制サービス「ZuttoRide Club」を運営しています。

 昨今のバイク業界では、整備士や販売員の不足に加え、国内の新車販売台数が減少傾向にあるといった問題が顕在化しています。

 そこでGMOデジタルラボとZuttoRideは、バイク利用者の接点となる地域のバイク店を支援することが業界全体の課題解決につながると考え、バイク店舗専用のアプリを制作できる「Bike Shop」を共同開発いたしました。「ZuttoRide Club」(URL: https://zuttoride.jp/ )の会員にご加入していれば、バイクトラブル発生時にはアプリからロードサービスの依頼もできるといった、ユーザーの快適なバイクライフを支援する機能を豊富に備えたアプリを制作することができます。これによりバイク店は、アプリを介してユーザーと継続的な関係を構築でき、店舗への集客・販売促進を図ることができます。

 両社は、「Bike Shop」を通じてバイク店の店舗課題を解決するとともに、より多くのライダーに、安心・安全・快適なバイクライフ体験を提供し、ひいてはバイク業界の活性化に貢献してまいります。

 (※)国内主要アプリ開発会社のアプリ掲載数を比較(2018年8月31日時点、GMOデジタルラボ調べ)

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491045_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491045_02.pdf