IBM Cloudを活用した「NCMS(NDK クラウドマネージドサービス)for 奉行」の販売を開始

〜「導入から運用サポート」までワンストップでサービスをご提供、AIや他ソリューションと連携し「働き方改革」の推進に寄与します〜

 

 日本電通グループ(※1)は、基幹業務システム「奉行 10 シリーズ」(※2)を「IBM Cloud」上で利用できる「NCMS(NDKクラウドマネージドサービス)for 奉行」の提供を10月より開始いたします。

 近年、IT環境の急激な変化により、オンプレミスからクラウドへ移行する企業が増えて参りました。

 多様化するニーズに加え、日本政府が主導する「働き方改革」の推進により、ITシステムの分野においては「社外からもセキュアに業務システムを利用できるIT環境の構築(テレワーク)」、「システム管理者の負担の軽減(長時間労働の抑制)」を実現するためにITシステムのクラウド化は益々加速するものと予想され、基幹業務システムのクラウド移行も例外ではありません。

 ・基幹業務システムとして「奉行 10 シリーズ」をクラウド環境にて導入・運用を希望されるお客様

 ・IT管理者の人手不足のため、基盤運用をアウトソースしたいとお考えのお客様

 ・奉行シリーズと他ソリューションを連携し、データ分析や業務効率向上に活用したいとお考えのお客様

 上記のお客様ニーズを、堅牢なセキュリティと高速ネットワークを誇る「IBM Cloud」を基盤として活用し、当グループとして長年培ったネットワークインフラの構築技術と、OBC Alliance Partnership Platinum(※3)としての奉行シリーズ製品への深い知見、および奉行と他ソリューションを容易にデータ連携する「Tsunagu for 奉行」(※4)の販売・導入の知見を活かし、提案・構築・運用監視・他ソリューション連携までをワンストップサービスでご提供し、お客様のご支援をいたします。

 (※1)日本電通グループ

  日本電通株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長兼社長:上 敏郎)

  NDI ソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岩井 淳文)

  NNC 株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:仁司 宏一)

  四国システム開発株式会社(本社:徳島県徳島市、代表取締役社長:日下 修伸)

  エス・アイ・シー株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:仁司 宏一)

 (※2)奉行 10 シリーズ

  株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田 成史)が開発・販売する累計約56万社の導入実績を持つ勘定奉行(会計業務)を始めとする業務パッケージソフト群です。

 (※3)OBC Alliance Partnership Platinum(以下:OAP Platinum)

  OBC Alliance Partnership(OAP)は、奉行製品の開発・販売元である株式会社オービックビジネスコンサルタントが認定するビジネスパートナー制度です。

  中でもOAP Platinumは、奉行シリーズ製品の販売活動に加え、要件定義・環境及び運用設計などの導入支援や、追加プログラムを開発・提供し、継続的な事業として奉行シリーズに取り組む、最上位のOBCパートナーライセンスです。

 (※4)Tsunagu for 奉行(NDK グループ製品)

  Tsunagu for 奉行は、奉行シリーズ専用のデータ連携ツールです。Tsunagu for 奉行を利用することにより、奉行シリーズ製品と他ソリューションをノンプログラミングでシームレスにデータ連携します。  主なデータ連携可能なソリューション:Kintone/Dr.Sum EA/IBM i/各種 DBMS 製品/AIチャットボット CB シリーズ(NDK グループ製品)

  ●Tsunagu for 奉行< https://www.ndknet.co.jp/solution/tsunagu.html >

  ●AIチャットボット CB シリーズ< https://www.ndisol.jp/solutions/advanced_technology/cb.html >

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491029_01.pdf