レノボとネットアップ、グローバルな戦略的パートナーシップ締結により

顧客企業のデジタル・トランスフォーメーションを加速

中国に新たに設立する合弁会社を通じて、世界最速の早さで成長する

ストレージおよびデータ市場に向けた現地向けのソリューションも提供

 ※本リリースは米国時間9月13日にレノボ本社が発表した英文リリースの抄訳です。

 

 米国 ニューヨーク市——2018年9月13日、Global Fortune 500企業でインテリジェント・トランスフォーメーションを推進するテクノロジーリーダーのレノボ(Lenovo、HKSE:992/ADR:LNVGY)ならびにFortune500企業でハイブリッド・クラウド時代のデータ・オーソリティであるネットアップ(NetApp、NASDAQ:NTAP)は、レノボが主催するTransform 2.0カンファレンス開催日である本日、顧客企業のIT基盤を刷新してそのデジタル・トランスフォーメーションを促進するための革新的なテクノロジーと簡素化されたエクスペリエンス(使用体験)をもたらすために、両社が世界規模の多面的なパートナーシップを締結したことを発表しました。高性能コンピューティング(HPC)およびフラッシュストレージソリューションの分野でそれぞれに活躍するイノベーションリーダーとして、レノボとネットアップは共に、業界屈指のテクノロジーとスケールをもって、世界中の顧客企業が自社のITアーキテクチャーを、エッジからコアネットワーク、さらにはクラウドに至るまでを最新式に変革しうる独自のポジションを築いています。

 両社は現在、Lenovoブランドの新しいストレージ製品にNetAppブランドの業界屈指のオールフラッシュのデータ管理ソリューションを組み合わせた過去最大規模のプロダクトラインを、レノボの定評あるThinkSystemインフラに向けて共同開発しています。この新しいプロダクトラインは、ネットアップ提供のコアソフトウェアテクノロジーを利用し、レノボが保有する(グローバルのハイテク企業全体でGartner社によりトップ5にランキングされた)世界最高レベルのサプライチェーンを活用して製造されます。

 レノボとネットアップはまた、中国に新しい合弁会社を設立し、これを通じて両社のストレージ製品とデータ管理ソリューションを、中国で求められる特殊要件と独特なクラウドエコシステムに合うように現地化の促進と特注に対応していくことも併せて発表しました。新しい合弁会社は中国当局の承認待ちの状態で、2019年春までに操業開始が見込まれています。

 「レノボは、拡大を続ける顧客中心コンセプトに主眼を置いたデータセンター製品を通じて、新しいIT基盤であるインテリジェント・トランスフォーメーションの推進に取り組んでいます。顧客企業のニーズに応えるために、レノボは当社製品ですべてをまかなうだけでなく他社製品も積極的に採用しています。それにより、データセンター業界における最高に強力なグローバルのパートナーシップも維持してまいります」と、レノボの会長兼CEO、ヤン・ヤンチンは述べています。

 「今日のグローバル経済環境において、顧客企業が求めるものは自社のデジタル・トランスフォーメーションを支えるITインフラに対する新たなアプローチです。このパートナーシップを通じて、レノボとネットアップは、今日の市場では類いまれな存在となる製品、ソリューション、サービスの包括的なポートフォリオを提供してまいります。顧客中心のイノベーションを実現する上で補完的な力となる当社製品を組み合わせることで、レノボとネットアップは双方の顧客企業の成功を加速する新たなスタンダードを確立することでしょう」と、ネットアップのCEO、ジョージ・クリアン氏は述べています。

 「レノボとネットアップは高性能なデータ管理ソリューションを全世界に向けて提供できる独自のポジションにあり、これにより顧客企業に対してこれまでにない新しい性能、価値、選択を提供できます。現在、世界最速で成長しているサーバー企業となったレノボは、これからも、“顧客企業がデジタル・トランスフォーメーションを推進する上で最も信頼されるデータセンターパートナーであれ”という当社のビジョンの達成に取り組んでまいります。今回発表された新しいストレージおよびデータ管理ソリューションは直ちに、当社が誇る比類のないサプライチェーンおよびサービスネットワーク体制と共に、今後も強固になっていく世界規模のチャネルパートナー・エコシステムを通じて、世界160か国以上の企業に納品されます」と、レノボのエグゼクティブ・バイスプレジデント兼レノボDCG(データセンターグループ)プレジデント、カーク・スコーゲンは述べています。

 このパートナーシップにより提供される最初のソリューションとなるLenovo ThinkSystem DE及びDMシリーズは全世界で直ちに販売を開始いたします。

 ※この戦略的パートナーシップの詳細ならびにTransform 2.0で行われたその他の発表については、http://www.lenovo.com/EmpowerTransformationをご覧ください。

 ※日本での販売開始は2018年10月〜12月期を予定しております。

<レノボについて>

 Lenovo(HKSE:992/ADR:LNVGY)は、Fortune Global 500に含まれる売上高450億米ドルの企業であり、スマートデバイス、インフラシステムなどにより最高のユーザーエクスペリエンスを提供し、Intelligent Transformationを実現させるビジョンを持ちます。レノボは非常に広範なコネクテッドデバイス製品を製造する企業で、スマートフォン(モトローラ)、タブレット、PC(ThinkPad、Yoga、Lenovo Legionなど)ワークステーションおよびAR/VRデバイス、スマートホーム/オフィス製品などを提供しています。レノボはまた、今後社会やビジネスが相互につながり変革してゆくために必要とされるコンピューティングのパワーとキャパシティを次世代のデーターセンターソリューション(ThinkSystem、ThinkAgile)によって提供します。レノボはすべての人の優れた力を呼び起こし、誰もが発展するよりスマートな未来を創ることを目指しています。

 LinkedIn,Facebook,Twitter,Instagram,Weibo、Storyhubで最新情報を提供しています。レノボの詳細については、http://www.lenovo.comでご覧いただけます。

<ネットアップについて>

 ネットアップは、ハイブリッド・クラウドのデータに関するオーソリティです。

 クラウド環境からオンプレミス環境にわたるアプリケーションとデータの管理を簡易化し、デジタル変革を加速する包括的なハイブリッドクラウドデータサービスを提供しています。グローバル企業がデータのポテンシャルを最大限に引き出し、お客様とのコンタクトの強化、イノベーションの促進、業務の最適化を図れるよう、パートナー様とともに取り組んでいます。詳細については、http://www.netapp.com をご覧ください。#DataDriven