TIS、AIによる映像解析プラットフォーム「SCORER」を提供する株式会社フューチャースタンダードへ出資

〜ロボット、スマートビルディング、警備業務などへの適用を目指す〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、AI(人工知能)関連のベンチャー企業への出資を行う「AI特化コーポレートベンチャーキャピタル」(以下 AI-CVC)から、AIを活用した映像解析プラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を提供する株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海 哲史、以下 FS社)に出資したことを発表します。

 FS社は、イメージセンサーと映像処理に特化した様々なソリューションを開発することを目指し、2014年3月に設立された企業です。

 TISは、FS社の映像解析プラットフォーム「SCORER」を、ロボット、スマートシティ、スマートビルディング、警備業務や製造現場など様々な分野でニーズが拡大すると想定されるAIによる映像解析に適用することで迅速なサービス提供を目指します。さらに、AI-CVCの既存や今後の出資先となる様々な企業の提供するサービスと「SCORER」を連係させ、オープンイノベーションの実現に貢献していく予定です。

■「SCORER」について

 FS社の「SCORER」は、環境構築の必要がなく初期費用ゼロで、ニーズや環境に合わせて自由に組み合わせることができる「安く・早く・ちょうどいい」がコンセプトの映像解析プラットフォームです。

 「SCORER」により、リアル店舗の導線トラッキング、警備業界向け通行量測定サービス、工場内の効率化・異常検知や従業員の導線解析などが可能となります。

 また、「SCORER」は現場(エッジ)での映像データ収集と解析向けの「SCORER Edge」、クラウドでの映像解析エンジン「SCORER Cloud」の2つで構成され、「SCORER Cloud」はWeb上でアカウント登録するだけで、即日で映像のアップロードからディープラーニング(深層学習)による映像解析、解析データの管理ができます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490541_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0490541_02.pdf