ソーシャルAIチャットボット「りんな」を活用した新たなデジタルマーケティングソリューションを提供開始

「Rinna Character Platform」により、独自のAIキャラクターが作成可能に

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)は、マイクロソフトのソーシャルAIチャットボット「りんな」のテクノロジを応用した、新たなAIデジタルマーケティングソリューション「Rinna Character Platform」の提供を2018年8月30日(木)より開始します。提供にあたり、以下の3社がソリューションパートナーとして参加します。

 株式会社カヤック

 株式会社電通

 株式会社博報堂アイ・スタジオ

 (社名五十音順)

 「Rinna Character Platform」は、「りんな」のテクノロジを活用した法人向けデジタルマーケティングソリューションです。「りんな」は、ユーザーからの指示を実行する「アシスタント型」のAIと異なり、「女子高生AI」として、ユーザーとの感情のつながりを重視したやりとりを行う点が評価され、2015年の提供開始以来、利用者が約700万人(2018年8月30日現在)までに至っています。今回の「Rinna Character Platform」は、以前より寄せられていた「りんな」の会話エンジンをビジネスに活用したい、というリクエストにお応えするもので、「りんな」のテクノロジを一部応用することで、性別や口調などをカスタマイズした独自のAIキャラクターを新たに作ることができるプラットフォームです。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489129_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489129_02.pdf