インクリメントP、BIツール「Tableau」向けに地図データを提供開始

〜精度の高い地図データで、より高度な地理空間分析が可能に〜

 

 インクリメントP株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:神宮司 巧)は、当社が整備する地図データおよび位置情報コンテンツのTableau Software(https://www.tableau.com/ja-jp)への提供を開始いたしました。

 Tableau Softwareはさまざまなデータソースの情報を分析、視覚化、共有するのに役立つ最新の分析プラットフォームを提供しています。このプラットフォームは世界中で広く使用されており、より多くの人々がデータを見て理解できることを目指しています。

 この度、日本においても急速に拡大するクライアントの要求に応えるべく、マッピング機能の強化を図るために、より精度の高いインクリメントPの地図データベース「MapFan DB」の地図データ及び各種位置情報コンテンツが採用されました。

 Tableauにおいて、マッピング機能は小売業、自動車業、輸送業などの各業界に活用されており、今回の地図データの精度向上により、視覚的で包括的なデータ主導のビジネス意思決定が可能になります。

≪Tableau Japan株式会社 社長 佐藤 豊様からのメッセージ≫

 地図上に可視化された地理データを活用することで、ユーザデータと地理空間との関係性を高度に分析できるため、企業はより深い洞察を得ることができます。インクリメントP株式会社とのパートナーシップにより、Tableauで7桁の郵便番号や市区町村データの可視化などが可能になります。より高精度で質の高いインサイトを使用して、お客様はデータ主導の意思決定を実現できます。

 詳しくはこちらから ⇒⇒ https://www.tableau.com/ja-jp

■インクリメントPの地図データベース「MapFan DB」について

 カーナビや地図検索サイト「MapFan(https://mapfan.com/)」で、高い信頼と実績を持つ、当社が独自で整備している精度の高いデジタル地図データベースです。商圏分析/エリアマーケティング、防災/災害対策、行政支援、交通計画など、あらゆるGIS分野で幅広くご活用いただけます。

 【製品サイト】:https://www.mapfan.com/houjin/

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0487381_01.pdf