SSDならではの超高速データ転送でHDDよりも快適に!

持ち運びに便利な名刺サイズタイプとケーブル一体型タイプ

USB3.1 Gen1対応の外付けポータブルSSDを発売

 

 エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、HDDに比べて高速データ転送が可能な外付けポータブルSSDについて、名刺サイズでリーズナブルな“ESD-EDシリーズ”と、ケーブル一体型タイプ“ESD-ECシリーズ”の480GBモデル“ESD-EC0480GBK”を8月下旬より新発売いたします。

 HDDのように物理的動作により磁気ディスクへデータを記録する代わりに、電気的動作によりフラッシュメモリへデータを記録することでデータアクセス時間を大幅に短縮し、高速データ転送を可能にするSSD。このSSDを記憶媒体として使用した薄型コンパクトなポータブルSSDに、名刺サイズの新シリーズ“ESD-EDシリーズ”と、既存シリーズのケーブル一体型タイプの480GBモデル“ESD-EC0480GBK”が登場します。

 いずれもHDDのようにディスク駆動部品などがなく、高い耐衝撃性能と耐振動性能を実現します。また、書き込み時の騒音もありません。さらにHDDに比べて消費電力を大幅に低減可能で、モバイル時のノートパソコンのバッテリーへの負担を軽減します。外部電源を必要としないUSBバスパワー駆動なので、パソコンのUSBポートに接続するだけですぐにご使用いただけます(※1)。

 “ESD-EDシリーズ”は、超高速なデータ転送に加え、持ち運びに最適な縦93mm×横54mmの名刺サイズを実現しています。

 “ESD-EC0480GBK(480GB)”は、最大読み込み速度410MB/s、最大書き込み速度400MB/sを実現します。本体とケーブルが一体型なので、ケーブルを紛失したり、忘れたりする心配がありません。また、使用しないときはケーブルを本体に収納できます。ケーブル一体型でありながら、厚さ約11mm、重さ約44gと、驚愕の薄さとコンパクトさを実現しています。

 いずれも外付けHDDと比べて、劇的に高速なデータ転送速度を実現しますので、大容量データのコピーや移動でもストレスがなく、業務の効率アップが期待できます。

 また、安心のセキュリティ機能も装備しています。エレコムホームページからダウンロードすることで、パスワード自動認証機能付きセキュリティソフト「PASS(Password Authentication Security System)」を使用できます。指定したパソコン(最大3台)で一度パスワードを設定すると、二度目からは面倒なパスワード入力をすることなくデータを保護することが可能です。未登録のパソコンに接続したときは、パスワード入力を要求しますので、盗難や紛失時のデータ漏えいを防止できます。

 ※1:Macで使用する場合は、本体側でフォーマット(初期化)を行う必要があります。

 ※2:最大転送速度は当社環境による実測値であり、すべての環境において保証するものではありません。

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

●お客様問い合わせ窓口

 エレコム総合インフォメーションセンター

 TEL:0570-084-465

 FAX:0570-050-012

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0487250_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0487250_02.pdf