多言語で施設情報や災害時案内を配信するクラウド型サイネージサービスを販売開始

サイネージ画面と館内放送などの音声を同期できる、SkyDesk Media Message

 

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)は、多言語(*1)表示に対応し、サイネージ画面と音声を同期して施設情報などを配信できる、また、読みやすさや配色などユニバーサルデザイン対応の災害時用コンテンツを含む、クラウド型デジタルサイネージサービス「SkyDesk Media Message(スカイデスク メディアメッセージ)」( https://www.fujixerox.co.jp/solution/skydesk/skydesk_mediamessage )を、本日から販売します。

 本サービスは、サイネージ画面と館内放送などの音声を同期し、多言語で配信できるサービスで、商業施設や公共施設などの施設情報案内などに利用できます。これまで、別々に配信していた画面と音声を同期させることで、視覚と聴覚の双方から情報が提供できることに加え、災害時用のコンテンツはユニバーサルデザインに対応しますので、外国人を含む、多様な方々に、より直感的にわかりやすく情報を伝えることが可能です。

 平常時用のフロア案内やイベント情報などのコンテンツは、お客様の要望に応じて作成します。災害時については、地震や火災の発生から収束に至るシーンに沿った約20 種類のコンテンツを音声と共に用意。対応言語は、必要に応じて日本語と英語の2 言語版(*1)または4 言語版(*1)から選べます。日本語と英語の文字は読みやすさに配慮した「みんなの文字(*2)」を、日本語の画面および音声は、外国人にも分かりやすい表現を、配色ではカラーユニバーサルデザインを使用(CUD 認証取得(*3))し、ユニバーサルデザインに対応しています。

<平常時コンテンツの一例>

 ※添付の関連資料を参照

<災害時コンテンツの一例(ユニバーサルデザインに対応)>

 ※添付の関連資料を参照

 情報の配信や更新は、クラウド型CMS(*4)により複数のサイネージ端末へ一斉に行えます。また、統合監視クラウドで、サイネージを動かすアプリの稼働を24 時間365 日監視し、障害を迅速に検知・通知できます。サイネージ画面は、CMS による計画的なスケジュール表示に加え、タブレット操作による「割込表示」で、すぐに切り替えることも可能です。たとえば、外国人から問い合わせを受けた際、担当者がタブレットで割込操作をして施設の利用情報へ一時的に画面を切り替え、個別の問い合わせに対応する、といった使い方ができます。

 ※以下は添付リリースを参照

 ・Xerox、Xerox ロゴ、およびFuji Xerox ロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。

 ・その他プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。

 ※英文リリースは添付の関連資料を参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

平常時コンテンツの一例

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486063_01.png

災害時コンテンツの一例(ユニバーサルデザインに対応)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486063_02.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486063_03.pdf

英文リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486063_05.pdf