日本ユニシス

本田技研工業の充電サービス「Honda Charging Service」にモビリティサービスプラットフォーム「smart oasis(R)for charging」を提供

−モビリティのサービス化(MaaS)を支えるIT基盤を構築−

 

 日本ユニシスは、本田技研工業が2018年7月19日から開始する充電サービス「Honda Charging Service」に、モビリティサービスプラットフォーム「smart oasis for charging」を提供します。

 本プラットフォームは、クラウド型でシステム機能を提供し、充電サービスをはじめとしたモビリティサービスの事業運営に必要となる会員管理・サービス管理・課金決済などを実現します。

 これまで、日産自動車、フォルクスワーゲングループジャパンなどに採用されており、MaaSを支えるサービスプラットフォームとしては、国内市場シェアNo1となります。

【概要】

 日本ユニシスが提供する「smart oasis for charging」は、今後のEVシフトを踏まえ、多様なプレーヤーによる事業参入を想定し、マルチテナント方式(複数事業者による共同利用方式)でシステムを利用することができるプラットフォームです。充電サービス事業者(注1)は、少ない初期投資と短い導入期間で、充電カードの発行、設置した充電器の管理が可能となります。

 今回、本田技研工業の「Honda Charging Service」に「smart oasis for charging」のサービスを提供することで、多様化する顧客ニーズに迅速かつ柔軟に対応し、充電サービス事業者、充電器設置事業者(注2)の継続的な競争優位性を実現します。

【本田技研工業に提供する「smart oasis for charging」サービスとは】

 本田技研工業では、7月19日より「Honda Charging Service」のサービス提供を開始します。このサービスは、NCSネットワークサービス(注3)に加盟、提携する全国の高速道路SAや道の駅、ショッピングセンターなどに設置している充電ステーションをご利用できます。

 日本ユニシスは、「smart oasis for charging」によって、Honda販売店に設置された急速充電器の利用者認証や充電サービス管理に加えて、充電サービス利用料の課金・決済サービス、ユーザーサポートサービスなどの提供を行い、「Honda Charging Service」の運用を全面的に支援します。

 本田技研工業における「Honda Charging Service」の主な内容は以下のとおりです。

1.充電サービス利用料の課金・決済

 専用の利用者カードを用いた利用者認証によって充電ステーションの使用が可能となります。利用料は、登録されたクレジットカードから引き落としされます。利用者登録は店頭にて、専用のweb端末からの申し込みが必要です。

■「Honda Charging Service」の利用者カード

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

以上

 ※smart oasisは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

 ※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485608_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485608_02.pdf