村田製作所とSCSKがスマート・ファクトリー・オートメーション領域で協業

生産現場の生産性向上ソリューション「m-FLIP(TM)」を販売開始

 

 株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長 村田 恒夫、以下村田製作所)とSCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者 谷原 徹、以下SCSK)は、村田製作所の生産性向上ソリューション「m-FLIP(TM)(※1)」(エム・フリップ)に、SCSKが持つITフルラインサービスを組み合わせたサービスを、2018年9月1日から提供開始します。

 ※1 m-FLIP:Murata Factory Line Integration Platform

1.協業の背景・趣旨

 生産現場では、ものづくりの基本である生産性向上や品質確保などに加えて、高齢化・労働人口の減少に伴う厳しい人材不足が大きな問題となっており、製造業の現場改革・改善は重要かつ喫緊の課題となっています。この解決の一助として、IoT技術・データ可視化技術などを活用した生産性向上への取り組みが注目されています。一方で、生産現場のIoT技術・データ可視化技術の活用には、豊富な実績に基づくものづくりと最新のIT活用が不可欠です。

 そこで、ものづくりのノウハウと業務システムを持つ村田製作所と、ITフルラインサービスを提供するSCSKは、2017年9月にスマート・ファクトリー・オートメーション領域向けソリューションビジネスを推進していくための協業基本契約を締結し、協業の取り組みを開始しています。

 この協業の取り組みの一環として、村田製作所が社内で10年以上利用実績がある設備稼動見える化ソフトウェアを、他の製造業の皆さまでも活用していただけるよう、生産性向上ソリューション「m-FLIP(TM)」として商品化し、SCSKは協業パートナーとして同ソリューションの販売を開始します。村田製作所は導入支援と導入後のデータ活用支援サービスを提供し、SCSKは販売業務を含めたインテグレーションサービスを提供することで、お客様の生産性向上にワンストップでお応えします。

【両社の役割分担】

 (SCSK)生産性向上ソリューション「m-FLIP(TM)」における販売・導入・サポートおよび周辺システムとの連携など、インテグレーションサービスを提供します。

 (村田製作所)生産性向上ソリューション「m-FLIP(TM)」における「導入支援」「ソフトウェア」「データ活用支援サービス」を提供します。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485439_01.pdf