Windows10対応のIBM i向け端末エミュレータ

「TCPLink 日本語 5250 エミュレータ」新バージョンを販売開始

〜IBM社製エミュレータのプリンター定義ファイルが利用可能になり印刷機能を強化〜

 

 キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:足立 正親、以下キヤノン ITS)は、Windows10対応のIBM i向け端末エミュレータ「TCPLink(ティーシーピーリンク)日本語 5250 エミュレータ」の新バージョンを、7月17日より販売開始します。

 メインフレームは、その堅牢性から企業の基幹業務システムで広く使用されており、システムに高い信頼性・安定性が求められる金融、製造、流通の各業界では、今後も継続的な利用が見込まれています。また、2020年1月の「Windows 7」サポート終了に向けて、端末エミュレータにおいても「Windows 10」対応製品へのスムーズな移行と、移行後も従来どおりに業務を行える機能性が求められています。

 「TCPLink」シリーズは、キヤノンITSが開発・販売を行う端末エミュレータ製品で、IBM・富士通・日立・NEC各社メインフレーム向けのオンライン端末機能を実現します。

 このたび販売を開始するIBM i向け端末エミュレータ「TCPLink 日本語 5250 エミュレータ」新バージョンでは、IBM社製エミュレータの標準機能であるプリンター定義ファイル(Printer Definition File: PDF)を利用した印刷に対応しました。IBM 55xx、ESC/P(※)の各スプール印刷で新たにプリンター定義ファイルも利用でき、大容量の印刷時にメインフレームの負荷が軽減されます。また、本製品はWindowsプリンタードライバーを利用したGDI印刷にも対応しており、使用するプリンターごとにフォント指定などの制御設定することなく印刷することも可能です。定型フォーマットでの帳票出力など、印刷業務がある企業にとって端末エミュレータ買い替えの際にもスムーズな移行を実現します。

 キヤノンITSは、端末エミュレータ「TCPLink」シリーズの最新OSへの対応やメーカー純正エミュレータとの互換性強化によって、メインフレームとそのシステム資産の継続的な活用をサポートします。今後も、端末エミュレータの導入提案、きめ細かいカスタマイズ対応の25年以上におよぶ実績を活かし、お客さまの課題解決とさらなる業務改善を支援していきます。

 ※それぞれIBM社、セイコーエプソン社が開発した、ドットインパクトプリンターに印刷を指示するための制御コード体系。

<「TCPLink 日本語 5250 エミュレータ」新バージョンの特長>

 ・IBM i向けプリンター定義ファイルの互換性を強化

  PCFファイル(「TCPLink 日本語 5250 エミュレータ」独自の印刷コマンドファイル)、またはIBM PDFファイルに記述された定義内容に従い、プリンター制御コードをプリンターへ出力します。

  ダイレクト印刷、ローカルコピーの印刷に、プリンター定義ファイルを利用できます。

 ・Windows 10大型アップデートに対応

  Windows 10 April 2018 Update(バージョン 1803)に対応しています。

■ 製品価格

 製品名:TCPLink 日本語 5250 エミュレータ

 標準価格(税別):\52,000-

 発売日:2018年7月17日

 *以下は添付リリースを参照

 Windowsは、米国 Microsoft Corporationの、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

 

●一般の方のお問い合わせ先:

 通信コミュニケーションソリューション本部

 03-6701-3577

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485291_01.pdf