電源と照明ドライバーのためのPFCを備えた、新しい高パフォーマンスの共振コントローラーICを発表

 

 このリリースは、独インフィニオンテクノロジーズ社が7月10日付けで発表した資料の日本語訳です。原文(英語版、ドイツ語版)は、インフィニオンのドイツ本社のホームページに掲載しております。

 2018年7月10日、ミュンヘン(ドイツ)

 効率とコスト効果に優れたコントローラーICソリューションが、LED照明ソリューションの最適化を実現します。独インフィニオンテクノロジーズは電源と照明ドライバーのために特に設計された、第2世代のICL5102共振コントローラーICを発表しました。主なターゲットとなるアプリケーションは、プロフェッショナルおよび産業用照明と道路照明用のLEDドライバーです。このコントローラーICはまた、オフラインのAC-DC電源とLCD TVにも使用可能です。

 ICL5102では、ひとつのDSO-16パッケージにPower Factor Correction(PFC)とハーフブリッジ(HB)コントローラーが組み合わされています。70 VACから325 VACまでの入力電圧に幅広く対応し、また同様に幅広い出力電圧にも対応しています。このコントローラーICの設定とサポートにはわずかな数の外部コンポーネントしか必要とされません。すべてのパラメータは抵抗器により設定されます。ICL5102は100 μA未満にて500 msの高速な起動に対応しています。PFCは業界をリードする99%以上を達成し、また全高調波歪(THD)は3.5%未満です。このコントローラーは共振トポロジーにより最大94%の効率を実現しています。アクティブバーストモードにより待機電力は300 mW未満の低さに抑えられています。イネーブル/ディセーブル機能は調光をサポートします。

 PFCコントローラーには、ブラウンアウト検出、軽負荷の動作のための調節可能なTHD、および大きな力率改善が備わっています。バス電圧検出の優れた精度により、PFCの動作には4つのPINしか必要としません。共振HBコントローラーには、デッドタイムを250 nsから750 nsの間で自動的に調整し、また最大500 kHzの動作周波数に対応する、内蔵コアレストランスを使った650 Vのハイサイドドライバーが完全に組み込まれています。これは過負荷、短絡、BUS、HB、または出力低電圧/過電圧と過熱も検出可能です。内蔵の容量モードレギュレーターが、進相モードでの動作を防止します。すべての保護機能はAUTOリスタート(No Latch)を使用します。

■供給状況

 エンジニアリングサンプルと参照設計(REF-ICL5102-U130W-CC)の提供はすでに開始されています。本格生産の準備が進められており、出荷は2018年第2四半期からの予定です。本製品の詳細については https://www.infineon.com/icl5102 をご覧ください。

■インフィニオンについて

 インフィニオンテクノロジーズは、暮らしをより便利に、安全に、エコに革新する半導体分野の世界的リーダーです。明るい未来の扉を開く鍵になる半導体をつくることが、私たちの使命だと考えています。2017会計年度(9 月決算)の売上高は71億ユーロ、従業員は世界全体で約3万7,500人。インフィニオンは、ドイツではフランクフルト株式市場(ticker symbol:IFX)、米国では店頭取引市場(ticker symbol:IFNNY)のOTCQX に株式上場しています。

 ・日本法人サイト: http://www.infineon.com/jp

 ・本社サイト: http://www.infineon.com (英語)

 

●製品についてのお問い合わせ(読者お問い合わせ先):

 インフィニオンテクノロジーズジャパン株式会社

 http://www.infineon.com/jp