ブレインパッド、「Rtoaster」と「TREASURE CDP」のリアルタイム連携を開始

「TREASURE CDP」の膨大なデータを、即時に多彩なパーソナライズアクションへ

 

 株式会社ブレインパッドは、当社が提供するレコメンドエンジン搭載プライベートDMP(*1)「Rtoaster(アールトースター)」と、トレジャーデータ株式会社が提供する「TREASURE CDP(トレジャーシーディーピー)」のリアルタイム連携を開始したことを発表いたします。

 「Rtoaster」と「TREASURE CDP」は2016年より連携を開始し、同じプライベートDMPとして区分される中でも、「Rtoaster」はアクション型DMPとして、「TREASURE CDP」はデータレイク型DMP(現在はCDP)として双方の特徴を活かし、膨大なデータをフル活用したマーケティングアクションの実行を可能としてきました。

 今回のリアルタイム連携により、両製品を利用する企業は、「TREASURE CDP」に蓄積された膨大なデータを「Rtoaster」で即時にWeb上でのパーソナライズ施策(LPO/CRO(*2)、レコメンデーションなど)に活用することが可能となりました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■リアルタイム連携で実現可能になる施策

 1.「TREASURE CDP」の予測リードスコアリング機能を活用した、コンバージョン確率の高いユーザーに対するキャンペーンやクーポンなどの表示

 2.「TREASURE CDP」に蓄積している店舗データなどを用いた、Web上でのパーソナライズ施策

 3.「TREASURE CDP」を利用している企業同士の2nd Partyデータ(*3)を活用したLPOやWebレコメンド

 4.「TREASURE CDP」に蓄積されたデータを「Rtoaster」にも蓄積することによる、アプリ上での施策や、ユーザー単位での商品・記事等のレコメンド

 ブレインパッドは、データは活用してこそ価値を生むという考えのもと、企業のデータ活用を支援するサービス・製品群を提供しております。今後も「Rtoaster」をはじめ、ブレインパッドが有する豊富なデータ活用の知見をもとに、多様化するデジタルマーケティング領域における顧客ニーズに対応してまいります。

 (*1)DMP(Data Management Platform)とは、広告主・メディア・ECサイトなどが保有するさまざまな大量データを収集・分析し、主にマーケティング用途での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと。

 (*2)LPO(Landing Page Optimization)とは、サイト訪問者のコンバージョン率を高めるためランディングページの構成や内容を工夫し、最適化すること。CRO(Conversion Rate Optimization)とは、サイト訪問者のコンバージョン率を向上させること。

 (*3)2nd Partyデータとは、自社データだけでは足りない情報を補う場合に、他の特定の企業と直接契約するなどして入手する他社保有のデータのこと。

■ご参考情報

 ●「TREASURE CDP(トレジャーシーディーピー)」について

  オンライン広告、マーケティングやCRM(Customer Relationship Management)領域のデータはもちろんのこと、顧客一人ひとりの行動データや属性データなどのデータを統合することで、パーソナライズを軸としたデジタルトランスフォーメーション(ITの浸透が人々の生活をあらゆる面で良い方向に変化させるという概念)を可能とするカスタマーデータプラットフォームです。

 ●「Rtoaster(アールトースター)」について

  http://www.rtoaster.com/

  「Rtoaster」は、ブレインパッドが開発・提供する最先端のレコメンドエンジンが搭載されたプライベートDMPです。データの蓄積・管理から、スマートフォンアプリ/ウェブサイト/デジタル広告/メールなどの多様な顧客接点におけるパーソナライズアプローチ、行動ターゲティング/レコメンドといったアクションまで、デジタルマーケティングを強力にサポートします。複数のチャネルを横断した最適な顧客コミュニケーションを高度かつ精緻に行うことが可能な、国内最大規模のプライベートDMPとして、250社以上のさまざまな企業に導入・活用いただいております。

  また、ツールの提供に留まらず、豊富な経験を有するデジタルマーケティングコンサルタントによる導入・運用支援(要件定義からKPIの設計、施策の設計・実行、効果測定・改善案の提示)までをトータルに提供しております。

 ●トレジャーデータ株式会社について

  https://www.treasuredata.co.jp/

  2011年12月、米国シリコンバレーに設立された米国トレジャーデータ社は、設立以来企業が扱う大量のデータを、リアルタイムで収集、統合するための仕組みである「データマネージメントソリューション」を提供しています。大容量の購買取引データやWeb閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータ等、様々な非構造化データに対応しており、収集・保管・分析および他のマーケティングツールやサービスに連携し、簡単に「カスタマーデータプラットフォーム(CDP)」を構築することが可能です。さらに、センサーデータやマシンデータ等、IoT分野におけるビッグデータへの対応も強化しています。日本では、2012年11月に国内の事業開発および技術開発の拠点としてトレジャーデータ株式会社を設立、また、2015年1月にソウル支社を開設、アジア太平洋市場における本格的な事業展開を開始しています。

 ●株式会社ブレインパッドについて

  http://www.brainpad.co.jp/

 (東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)

  本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル

  設立:2004年3月

  代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔

  資本金:332百万円(2018年3月31日現在)

  従業員数:228名(連結、2018年3月31日現在)

  事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

 *本ニュースリリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 *本ニュースリリースに掲載されている情報は、発売日現在の情報です。

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0485130_01.JPG