クラウド配信サービス「GEOSPACE CDS」等地図コンテンツのメジャーアップデートを実施

〜全国約 56,000 km2の航空写真最新化など〜

 

 デジタル地図の整備・制作、および空中写真を含む空間情報コンテンツの販売を行うNTT空間情報株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長 猪瀬崇)は、自社が提供するクラウド配信サービスにおける航空写真、電子地図のメジャーアップデートを2018 年 7 月 10 日に行いました。

 今回のメジャーアップデートでは、航空写真については、自社が 2017 年に日本国内で撮影した画像(撮影エリア約 56,000 km2)を更新しました。当社の航空写真は、業界トップクラスの広いカバレッジ(日本国土全域の約 88%)と、高解像度(地上解像度 25cm/pixel、東京 23 区・大阪市・名古屋市は 16cm/pixel)を有する地理空間情報コンテンツです。

 電子地図については、2017 年 6 月月度より月度更新を実施し、約 6,300 件のポイントデータを更新してきました(2018 年 6 月月度詳細は別添「補足資料」参照)。加えて、今年6 月にサービスリリースした「GEOSPACE 電子地図」最新版(2018 年春版)に収録されている日本全国約 4,300 万件の建物住所情報も併せて反映しています。当社の電子地図は、地形や建物の形を精密に撮影した航空写真や、都市計画図などの公共測量成果物をベースに作成した地理空間情報コンテンツです。

 当社のクラウド配信サービスは、印刷や画面コピーの利用許諾が標準ライセンスに含まれているため、新たな許諾申請も追加料金も必要なく(※1)、自治体等への各種提出書類等に添付することが可能なことから、安心してご利用いただけます。

【クラウド配信サービスのメジャーアップデート内容】

 *添付の関連資料を参照

 ※1 契約時の利用目的に限ります。

 ※2 エリアによっては、今回の更新データに含まれないエリアもございます。

 *補足資料は添付の関連資料を参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

クラウド配信サービスのメジャーアップデート内容

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0484961_01.png

補足資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0484961_02.pdf