トランスコスモス、タブレット型の多言語ビデオ通訳サービス「ことばスイッチ」の提供を開始

訪日外国人観光客の増加により高まる多言語通訳ニーズへの対応を拡充

 

 トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、高まる多言語対応ニーズに対応するため、タブレット型の多言語ビデオ通訳サービス「ことばスイッチ」の提供を開始しました。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 昨今、訪日外国人観光客数が増加し、2020年に向けて多様な通訳ニーズが必要とされています。トランスコスモスでは「音声通話型の通訳サービス」、「テキスト翻訳」、「Webコンテンツの翻訳サービス」などさまざまな多言語対応サービスを提供していますが、さらなるサービス拡充として、お客様企業の従業員と顧客の対面コミュニケーションの円滑化をはかることができる「ことばスイッチ」を開発しました。

 「ことばスイッチ」は、訪日観光客など日本語以外の言語を話す方々と、日本語を使用する従業員などとの言語コミュニケーションを、タブレットやスマートフォンを通じて行う三者間通訳サービスアプリケーションで、トランスコスモスの多言語コンタクトセンターの担当者が、状況や表情を映像で確認しながら通訳を行う点が特徴です。タブレットやスマートフォン(トランスコスモス指定の端末)にインストールして、利用することが可能です。

 また、必要最小限の言語・時間帯に絞り込むことで、利用しやすい提供価格を実現し、現在一般的である定額制の料金体系ではなく、初期費用/固定費用を抑え、利用分の料金が課金される従量課金型のため、より使いやすいサービスとなっています。

 さらに、「タブレット端末のレンタルサービス」、「端末の初期設定」、「付属アクセサリーの用意」、「万が一に備えた修理などのサポートサービス」など、お客様企業の多様なニーズに対応するオプションサービスも用意しています。

■ことばスイッチとは

 ・タブレット型の多言語ビデオ通訳サービス

 ・現在、英語、中国語、韓国語に対応(同言語で世界の80%をカバーできるとも言われています)

  ※ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語にも対応予定

 ・対応時間9:00〜21:00 365日

  初期導入費用0円、月額固定費3,000円、1分あたり100円の従量課金モデル

 ・アプリダウンロード+ID・パスワードで利用可能

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0484951_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0484951_02.pdf