NEC、ブラジル最大手の配電会社に蓄電システムを提供

〜自然豊かなフェルナンド・デ・ノローニャ島の安定的なエネルギー供給に貢献〜

 

 NECとNECのエネルギー関連子会社であるNECエナジーソリューションズ(注1)は、ブラジル最大手の配電会社(注2)であるネオエナジア(Neoenergia S.A.(注3))に、蓄電システム(DSS:Distributed Storage Solution、以下DSS)を提供しました。本システムは同国のフェルナンド・デ・ノローニャ島に導入され、2018年8月以降の運用開始を予定しています。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ブラジルの北東約350キロの地点に位置するフェルナンド・デ・ノローニャ島は、多様な生態系が存在する自然豊かな地として知られており、ユネスコの世界自然遺産にも指定されています。

 同島のエネルギー供給には、自然保護を目的として、ディーゼル発電に加えて太陽光発電が利用されています。このたび、NECの蓄電システムを導入することで、日照条件等により発電量が変動する太陽光発電について安定的で高効率なエネルギー供給を実現します。これにより、既存のディーゼル発電からの置き換えを促進し、同島の自然環境保護に貢献します。

 NECの蓄電システム「DSS」は、リチウムイオン電池と電力コンバータ、及び貯めた電気を制御するソフトウェアで構成されています。DSSは小型・安全・大容量の特長を有しており、島の大半が自然保護区である同島に最適なソリューションとして選ばれました。

 本件は、NECエナジーソリューションズとしてはブラジルで初の受注となります。NECとNECエナジーソリューションズは本実績を活かして、今後も電力事業者向けに蓄電システムを提供し、安全・安心、効率に優れたエネルギー社会の実現に貢献していきます。

以上

 (注1)本社:米国・マサチューセッツ州、CEO:Steve Fludder

 (注2)発電所から送られてきた電力を、電圧を調整し需要家に供給する会社

 (注3)本社:ブラジル・リオ デ ジャネイロ、CEO:Solange Maria Pinto Ribeiro

 

●本件に関するお客様からのお問い合わせ先

 NEC ESS事業部

 E-Mail:info@ess.jp.nec.com

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0484426_01.jpg