レビューツール「Brushup」、ビジネスチャット「チャットワーク」とプロダクト連携を実現

 

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 株式会社Brushup(本社:大阪市、代表取締役:水谷好孝)が提供するレビューツール「Brushup」は、ChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役 CEO 兼 CTO:山本正喜、以下 ChatWork)が提供するビジネスチャット「チャットワーク」とプロダクト連携を実現しました。

 チャットワークは17万8,000社以上(2018年5月末日時点)が導入しているビジネスチャットです。Brushupを導入している企業では、チャットワークを導入している企業が多く存在し、制作物のフィードバックはBrushup、テキストベースの手軽なやりとりはチャットワークという使い方をされています。

 今回のプロダクト連携により、Brushup上のやりとりが、チャットワークに自動で連携されます。これにより、Brushupとチャットワークの両方を導入している企業は、より一層の作業効率向上を実現できます。

【連携により、実現できること】

◆タスク漏れ防止

 Brushupでプロジェクトや制作物の担当者にアサインされた際、チャットワークに通知が届きます。

◆フィードバック内容を即チェック

 Brushupで制作物に対してフィードバックがあった際、チャットワークに通知が届きます。

◆社内外のやりとりが円滑に

 Brushupでのコメントのやりとりがチャットワークに流れます。この仕組みがあることで、例えば、クライアントや外注先との制作物のやりとりはBrushupで、それらのやりとりに対して、社内のメンバーとチャットワークを使ってシームレスな相談や議論が可能になります。

 *参考資料は添付の関連資料を参照

 現在、業務の自動化、業務効率化に貢献するさまざまなSaaSがリリースされています。Brushupでは、今後も他のSaaSとのプロダクト連携に取り組むことで、企業の生産性向上に貢献してまいります。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■Brushupについて

 Brushupは、ブラウザ上で、イラスト、写真、動画、ドキュメントに手描きの描き込みやコメントができるレビューツールです。業種を問わず、イラスト制作、ウェブ制作、動画制作など、さまざまなデジタルコンテンツの制作現場で利用されており、導入企業数は2,400社を突破しました。

 メールやチャットアプリなどによるファイルのやりとりは「ファイルのダウンロードに時間がかかる」「受け取ったファイルに対応したソフトを持っていなくて開けない」「ここをこう直して欲しいといったフィードバックが手間」などの課題がありました。Brushupではそれらの課題を解決します。特に動画のレビューは、閲覧しながら、気になった箇所に手描きやコメントができるため、文字だけでのフィードバックに比べ、生産性が向上します。これにより、指示メールの量が10分の1になった、残業が3割減った、売上が2割上がったという効果が確認されています。

 公式ウェブサイト:https://www.brushup.net/

 AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/id1244661011

【会社概要】

 会社名:

  株式会社Brushup(英語表記 Brushup Inc.)

  https://www.brushup-inc.com/

 所在地:大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 タワーB(オフィス)14F

 代表取締役:水谷 好孝

 設立:2017年2月1日

 ※チャットワークは、ChatWork株式会社の登録商標です。

 記載されているロゴ、システム名、製品名は各社および商標権者の登録商標あるいは商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0483250_01.jpg

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0483250_02.jpg

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0483250_03.JPG