三菱UFJ銀行で、アウトバウンド強化に

画面共有ソリューション「RemoteOperator Enterprise」を採用。

 

 コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:松原 由高、以下:インターコム)は、株式会社三菱UFJ銀行(本店:東京都千代田区、頭取:三毛 兼承様、以下:三菱UFJ銀行様)に、インターコムの非対面チャネル強化画面共有ソリューション「商品名:RemoteOperator Enterprise」(読み:リモートオペレーター エンタープライズ)が、新たにリテール部門で採用されたことを発表します。

 三菱UFJ銀行様には、アウトバウンド業務(金融商品販売)での「非対面チャネルの疑似窓口化」に関して、「RemoteOperator Enterprise」が最適なソリューションであるという点を高くご評価いただき、リテール部門でのご採用に至りました。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

《導入の背景と採用のポイント》

 デジタル化進展等に伴い、金融業界でもお客様のニーズや取引シーンは多様化しており、店舗来訪数はインターネットバンキング利用者増加を背景に減少傾向にあります。

 今回採用された「RemoteOperator Enterprise」を活用することで、対面と同じように資料を見せながら商品説明ができるようになります。これにより、従来店舗への来訪を促していたアウトバウンド業務を変革し、店舗来訪不要で商品の販売が可能となり、お客様の利便性が向上します。

 ご採用の具体的なポイントは、以下の4点です。

 (1)お客様はWebブラウザー上から簡単に利用可能。

  →お客様はプログラムのインストールが不要なため、Webブラウザー上ですぐに画面共有サービスを利用可能。

 (2)画面共有とプレゼンテーションを1つのソリューションで行える。

  →双方向の画面共有が可能で、営業担当者は営業活動に合わせてお客様の画面を見たり、お客様に画面を見せたり選択可能。

 (3)画面共有のみでリモート操作機能を実装していない。

  →お客様画面を営業担当者が直接操作する機能を実装しておらず、お客様の不安心理を払拭。

 (4)金融業界で多数の導入実績がある。

  →充実のセキュリティ機能で、プライバシー性の高い情報を扱う金融業界での導入が加速。

 三菱UFJ銀行様は、インバウンド業務(お客様サポート)での非対面チャネル強化にも「RemoteOperator Enterprise」を活用した画面共有サービスをすでに提供されています。

 インターコムでは、今後も金融業界におけるアウトバウンド/インバウンド業務の非対面チャネル強化を支援する最適なソリューションとして、普及に努めてまいります。

 *以下は添付リリースを参照

 ※interCOM、RemoteOperatorは、株式会社インターコムの登録商標です。

 ※その他、記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482701_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482701_02.pdf