NEC、AI(人工知能)を活用し設計ナレッジの継承を支援するPLMソリューション「Obbligato III」を販売

〜経験の浅い技術者の早期立ち上げと設計品質の低下防止を実現〜

 

 NECは、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理するPLM(Product Lifecycle Management)ソフトウェア「Obbligato III(オブリガート スリー)」において、AI(人工知能)を活用した設計支援機能などを強化し、本日より新製品の販売活動を開始します。

 Obbligatoシリーズは、約900社への導入実績を有する国内トップシェア(注1)のPLMソフトウェアです。新製品では、NECの最先端AI技術である「RAPID機械学習」(注2)を活用して、ベテラン技術者の勘と経験を可視化し、経験の浅い技術者を支援する機能をオプションで提供します。これにより、経験の浅い技術者の早期立ち上げや設計品質の低下防止を実現します。

 また、オープンソースソフトウェア(OSS)のデータベースであるPostgreSQLへの対応や、製造工程や生産設備などの製造プロセス情報(BOP:Bill of Process)管理における操作性向上などの基本機能を強化しました。これにより、柔軟かつ低コストでPLMシステムの導入・運用が可能となります。

 AI技術を活用してベテラン技術者の暗黙知を形式知化し、設計業務を支援するPLMソフトウェアは世界初(注3)となります。

 NECは社会ソリューション事業に注力しており、今後もAIをはじめとする先進ICTを活用し、グローバルなものづくりのインフラやプロセスの変革に貢献するソリューションの提供・拡販に取り組んでいきます。

■背景

 近年、国内製造業における技術者の高齢化や退職が進む中、企業競争力の源泉である技術ナレッジはベテラン技術者個人に帰属し、企業として蓄積されていないことが大きな課題となっており、技術ナレッジの継承や経験の浅い技術者の早期立ち上げが重要なテーマとなっています。

 NECは、国内のPLMソフトウェア市場で23年間連続のトップシェアを有するPLMソフトウェアであるObbligatoシリーズの導入実績やノウハウを活かし、今回新たに機能強化した「Obbligato III」を提供することで、製造業における「ナレッジの継承」に貢献します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

◆本件に関するお客様からのお問い合わせ先

 NEC ものづくりソリューション本部

 TEL:03-5476-4643

 E-Mail:oblsales@cpc.jp.nec.com

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0482483_01.pdf