入院患者の療養環境を「無意識に」最適化

睡眠環境向上技術と環境制御技術を融合したシステム「NEM-AMORE」を開発

 

 鹿島建設株式会社(代表取締役社長:押味至一)とNEC ネッツエスアイ株式会社(代表取締役執行役員社長:牛島祐之)は共同で、病院多床室の設備を患者個々の好みに合わせて自動制御する療養環境向上システム「NEM-AMORE」(ネマモーレ)を開発しました。このシステムは、鹿島が2016年10月に確立した睡眠環境向上技術(※1)と、NEC ネッツエスアイがもつ環境・バイタル情報を可視化・数値化するIoT技術(※2)、およびホテル向けルームマネジメントシステムで培った環境制御技術(※3)を融合したものです。

 デザインされた病室内に設置したセンサから得た情報をもとに、空調や照明などの設備機器をリアルタイムかつ自動で制御、最適化することで、入院患者各々の生活リズムに合わせた、快適な療養環境を「無意識に」実現します。(特許出願中)

 *参考資料は添付の関連資料を参照

【NEM-AMORE の概要】

 入院患者にとって病室は日常生活の場であり、自宅にいるような室内環境を提供することが理想です。

 今回開発したシステムの概要は以下の通りです。

 1. 患者の睡眠状態を検知する生体センサと、病室内の騒音、照度、温度などを測定する環境センサのデータを、NEC ネッツエスアイがもつIoT技術でサーバに収集・統合

 2. 統合したデータを、鹿島が確立した睡眠環境向上技術と照合し、室内環境の最適解を算出

 3. 算出した最適解に基づき、NEC ネッツエスアイの環境制御技術を用いて設備機器をリアルタイムに制御することで、患者それぞれの睡眠状態に呼応した、「音」、「光」、「温熱」、それぞれの理想的な室内環境を自動的に形成

○「音」環境の自動形成

 医療施設は自宅と違い、様々な音が混在して耳障りに感じることがあります。特に就寝時に病室内が静かすぎると、隣接する患者の生活音、廊下のスリッパ音やスタッフステーションでの作業音など周辺の様々な音が聞こえてしまい、かえって寝付きが悪くなることが判っています。そこで患者の就寝時には微弱な音(ブラウンノイズ)を発生させ、ベッド周りの雑騒音を緩和することで入眠を促し、睡眠の検知後はノイズを徐々に下げ、自動的に消音します。

○「光」環境の自動形成

 人は日中に十分な光を浴びることで夜間に深部体温が下がりやすくなり、眠りにつきやすくなります。この考え方に基づき、病室内の照度を朝方は上げて、昼以降は徐々に下げていくなど、患者の一日の生活リズムが安定するような光環境を自動的に創出します。特に多床室においては、窓側と廊下側の患者で日中受ける照度にばらつきが出るため、環境センサでモニタリングしながら模擬窓照明などを補助的に活用し、廊下側でも日中に十分な照度を確保します。

○「温熱」環境の自動形成

 身体のなかでも特に発熱量の多い頭部に微弱な風を送風すると、涼感が得られ、寝苦しさが解消されます。一般的に睡眠の前半は深い眠りが生じるため、患者の就寝時には送風により良好な温熱環境を創出し、快適な入眠と深い眠りを促します。睡眠を検知して一定時間が経過した後には送風装置を弱める一方、室内空調により温熱環境を最適に保ちます。

 *以下は添付リリースを参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474432_01.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474432_02.pdf