トランスコスモス、AIを活用しSNS上のリアルタイムな声から

消費者の心を動かす広告訴求を開発するメソッド「coemo(コエモ)」を提供開始

「Google Cloud Natural Language API」を活用。

既存クリエイティブと比較し、CTR120%、CVR126%、CPA1/2を実現

 

 トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、Google Cloud が Cloud AIソリューションのひとつとして提供する「Google Cloud Natural Language API」を活用することでSNS上のリアルタイムな声からユーザーインサイトを発掘し、消費者の心を動かす広告訴求を開発するメソッド「coemo(コエモ)」を独自に開発、提供を開始します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 モノや情報が多く普及する現代、購買意欲や興味・関心を喚起するため、消費者の潜在的な深層心理(ユーザーインサイト)をとらえたマーケティングが重要となっています。またデジタル広告においては、スマートフォンシフトやSNS利用率の増加に伴い、ニュースサイトやSNSのタイムライン上に表示されるインフィード広告が主流になっています。SNSのタイムラインやコンテンツにマッチし、かつユーザーインサイトをとらえたクリエイティブを制作するためにも、ユーザーボイスを積極的に取り入れることが必要です。

 「coemo」では、「Google Cloud Natural Language API」を活用し、人力では把握しきれない膨大な投稿から広告訴求へ活用しやすいユーザーボイスのみを抽出します。さらに、過去の多様な業界・業種における広告配信実績から得られた知見や独自の分析手法により、効果的な広告訴求を開発します。実際に「coemo」で訴求開発を行ったインフィード広告のクリエイティブが、同期間配信の既存クリエイティブと比較し、CTR120%、CVR126%、CPA1/2という高い実績を出す事例も出ています。

 *参考資料は添付の関連資料を参照

 今後は、投稿文だけでなく「Google Cloud Vision API」を活用したSNS投稿画像分析や、コールセンター部門のコールログを活用したユーザーインサイトの発掘により、サービス強化をはかります。トランスコスモスは今後もインターネット広告効果を向上するための研究と開発をすすめ、お客様企業のマーケティングを支援していきます。

 ※GoogleおよびGoogle Cloud Platformは、Google LLCの商標または登録商標です。

 ※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です

 ※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)

 トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト削減と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界33カ国・170の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL:http://www.trans-cosmos.co.jp)

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471957_01.JPG

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471957_02.JPG