ホールセール証券業務バックオフィスソリューション「I-STAR」を全面刷新

〜マーケットの高度化に対応できるサーバー稼働のシステムへ〜

 

 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本臣吾、以下「NRI」)は、ホールセール証券会社向けに提供しているバックオフィスソリューション「I-STAR(※1)」を全面刷新し、「I-STAR/CORE」として提供を開始しました。I-STAR を利用していた金融機関のI-STAR/CORE への移行は、予定どおり2017 年12 月末までにすべて完了しています。

■マーケットの高度化やニーズの多様化に対応

 昨今、国債や株式の決済期間短縮化等、証券市場が高度化し、顧客である金融機関のニーズも多様化しています。I-STAR/CORE では、これらに着実に対応するため、「リアルタイム性」、「信頼性」、「拡張性」を抜本的に見直しました。その結果、メインフレームで稼働するシステムを廃止して、サーバーで稼働するシステムへ全面刷新しました。

■機能向上のポイント

 今回の刷新で向上した主な機能は、以下のとおりです。

 (1)リアルタイム性の向上

  ・トランザクション処理のリアルタイム化による夜間バッチ時間の大幅削減※2

  ・例外処理をモニタリングする機能の強化

 (2)信頼性の向上

  ・RTO(Recovery Time Objective:目標復旧時間)の50%短縮

  ・情報セキュリティ対策および監査機能の強化

 (3)拡張性の向上

  ・XML、CSV フォーマット採用によるシステム間接続の容易化

  ・統廃合による機能のスリム化

 NRI は、今後も「日本国債取引の決済期間短縮化(アウトライトのT+1 化)」や「株式等の決済期間短縮化」など、各種の制度変更に迅速・的確に対応したソリューションを提供し、金融機関の業務革新を支援していきます。

 ※1 I-STAR:

  日本における証券制度の頻繁な変更に速やかにキャッチアップしながら、約定から決済・会計といったホールセール証券会社の業務をきめ細かくサポートする証券バックオフィスソリューションです。1987 年のサービス開始以来、のべ100 社以上の金融機関への導入実績があり、ホールセール証券業務ソリューションにおいてはデファクトスタンダードとなっています。詳細については、下記のWeb サイトをご参照ください。

  http://fis.nri.co.jp/ja-JP/service/list/F-J/I_STAR.html

 ※2 一例として、会計仕訳処理をリアルタイム化することで、会計関連全体の夜間バッチ時間を約50%削減できることが確かめられました。