BtoB企業向けにマーケティングを支援するシンフォニーマーケティング株式会社(東京都中央区、代表取締役 庭山一郎、以下シンフォニーマーケティング)は、マーケティングオートメーション(以下MA)を有効活用するためのデータマネージメントサービスの提供を開始します。

MAは案件創出(デマンドジェネレーション)のためのツールであり、MAを活用するためには、社内にバラバラに保有するデータを統合管理し、競合や営業対象外の除外などを行うデータマネージメントが不可欠です。また、より確度の高い案件を創出するためには、スコアリングの精度を高めることが求められてきています。

当サービスでは、スコアリングに必要な業種、売上、規模などの企業属性情報の付与、企業と個人での名寄せ、また、Webなどのオンラインの情報だけでなく、セミナーや展示会、営業名刺などの様々なオフラインの情報も含めたコミュニケーション履歴を管理する理想的なデータマネージメントを実現します。当サービスとMAを連携させることにより、MA導入企業は、社内のリソースをMAの活用に集中させることが可能となり、早期のMAを活用した仕組みの立ち上げや、スコアリング精度の向上により、MAの導入効果を最大化します。

シンフォニーマーケティングでは、2008年から日本に拠点をおくグローバル企業が利用する海外のMAの運用・サポートで培ってきた経験、ノウハウを活かし、Oracle B2B Cross-Channel Marketing(旧名称:Eloqua)、IBM Silverpop、Marketoをはじめとした各社のMAと当サービスの連携を可能としました。コンサルティングから運用まで、お客様が実現したいマーケティングプランにあわせたデータマネージメントサービスを提供します。

今後、すでにMAを導入している企業や、導入を検討している企業に対し当サービスを提供していくとともに、関連セミナーの開催などを展開して参ります。

セミナー開催情報
業界初!失敗事例から学ぶ。間違わないMA導入のために
6月16日(火)9:30〜12:00 秋葉原
BtoBマーケティングで成果をだすための、データマネージメント術
6月16日(火)14:00〜16:30 秋葉原

データマネージメントサービス概要
【サービス内容】
1.データマネージメントコンサルティング
・データスペシャリストによるデータマネージメントに関するヒアリング・アドバイス
・データ統合ポリシーや運用ルール策定
2.リードデータベース統合
・保有データの一元化、名寄せの実施
・企業属性情報の付与
3.データマネージメント運用サポート
・リードデータ管理・ホスティング
・新規登録データの名寄せ(企業と個人の紐付け)作業代行
・MAインポートファイル作成
「マーケティングオートメーション向けデータマネージメント」サービス詳細はこちら

シンフォニーマーケティング株式会社について
代表者:代表取締役 庭山 一郎
本社:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-4-7 新日本橋ビル3F
会社 HP:http://www.symphony-marketing.co.jp
設立:1990年9月
資本金:120,000千円
事業概要:日本のBtoB企業のためだけに開発した独自のマーケティングツールと、設立以来25年に亘り蓄積したノウハウで、コンサルティングから顧客データの管理、さらには営業案件の創出までをワンストップで行い、企業の「売れる仕組み=マーケティング」づくりを支援する。従業員50名。
主要顧客:オリンパス株式会社、山洋電気株式会社、セメダイン株式会社、大成建設株式会社、ルネサス エレクトロニクス株式会社 ほか ※敬称略

本リリースに関するお問い合わせ先
シンフォニーマーケティング株式会社 アコースティックユニット 渡邊
TEL:03-3243-1051
E-mail:sales@symphony-marketing.co.jp