PCに周辺機器をつなぐための外部インターフェースの規格として、USB Type-Cの普及が進んでいる。また、同規格を利用した高速インターフェースであるThunderbolt 3の実装も増えている。ここでは、USBをはじめとする外部インターフェースを整理しよう。

 2017年9月、USBの新バージョンである「USB 3.2」が策定された。USB 3.1からの大きな変更点は、デュアルレーン動作のサポートだ。これにより、USB 3.1の2倍となる20Gビット/秒での通信が可能になっている。

 下の表に、USB規格における通信速度の変遷をまとめた。USB規格では、転送モードを追加する形で高速化を図ってきた。上位規格は下位規格の通信速度を全てサポートする。

USB規格のバージョンと通信速度の関係
[画像のクリックで拡大表示]

 USB 3.2で追加されたデュアルレーン動作は「Gen.1x2」「Gen 2x2」というように末尾に「x2」を付けて表記されている。今後、USB 3.2のデュアルレーン動作に対応するPCが徐々に増えてくるだろう。

 なお、USB 3.0における「SuperSpeed」と、USB 3.1以降の「Enhanced SuperSpeed Gen.1」は同じ転送モード(通信速度は5Gビット/秒)を表している。メーカーの解釈の違いにより、「USB 3.0」と「USB 3.1 Gen.1」との表記が混在しているのだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。