アドビ システムズ日本法人は2017年に、ソフトウエア提供形態を「パッケージ販売モデル」から「サブスクリプションモデル」へ転換しました。主力製品のソフトウエア提供形態を三つのクラウド(Creative、Document、Marketing)に集約したことで、本格的に「売り切り型」から「継続型」へ顧客エンゲージメントスタイルを変革する必要がありました。

 この変革プロジェクトに、チェンジマネジメントリーダーとして関わった筆者は、さまざまな「チェンジモンスター」つまり変革に対する阻害要因に直面し、これを克服してきました。2年半にわたる変革プロジェクトの中で筆者が具体的な成果を出すまでの最初の100日を振り返ります。

小沢 匠(おざわ・たくみ)
アドビ システムズ執行役員 プロフェッショナル サービス事業本部長
小沢 匠(おざわ・たくみ) 2010年アドビ システムズ入社。ビジネスコンサルタントとしてデジタルマーケティングの活用浸透に必要な組織戦略/人材採用・育成、マネジメントコンサルティングを専門としてクライアントをサポート。2013年にビジネスコンサルティング部長、2015年からはコンサルティング本部長を務め、2017年より現職。日本地域のプロフェッショナルサービス事業本部を統括。