ノートPCやスマートフォンのネット接続手段として不可欠な無線LAN。高速化や新しい通信規格やセキュリティ規格の登場など、今も進化を続けている。快適かつ安心して無線LANを使いこなすための製品知識や利用法を解説する。

 今回は無線LANルーターの最新動向を紹介する。最新製品では通信速度の引き上げはもちろん、電波状況を最適化する機能の搭載や、最近普及が進んでいるインターネット接続方式への対応など、いくつかの点で進化がみられる。

 無線LANルーターの現行製品は、大半がIEEE 802.11acに対応している。次世代規格であるIEEE 802.11axの登場が控えているが、この規格は現在まだ策定作業中だ。今IEEE 802.11ac対応の無線LANルーターを購入しても、すぐに時代遅れになることはないだろう。

現在はIEEE 802.11ac対応の無線LANルーターが主流。写真はアイ・オー・データ機器の「WN-AX2033GR2」。実勢価格は税別で約8900円
(出所:アイ・オー・データ機器)
[画像のクリックで拡大表示]

 IEEE 802.11ac対応の無線LANルーターは、最大速度が製品によって異なる。この規格は、データを複数のストリーム(データの流れ)を使って送ることで高速通信を可能とするMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)という仕組みを採用しており、ストリーム数によって最大速度が変わるためだ。ストリーム数が多いほど高速になる。メーカーによっては、ストリーム数を「アンテナ数」と記載することもある。

 一般的に、無線LANルーターにおける1ストリームの最大速度は約433Mビット/秒だ。これを2本束ねると866Mビット/秒(一部製品は867Mビット/秒と表記しているが、実際は同じ)、3本束ねると1300Mビット/秒、4本束ねると1733Mビット/秒(一部製品は1734Mビット/秒、同)となる。例えば、2ストリームで最大速度が866Mビット/秒の製品は、価格が1万円をだいぶ下回っているものもあり購入しやすい。

 一部の上位機種には、データの変調方式をIEEE 802.11axと同等の1024QAMに拡張し、1ストリームあたりの速度を約541Mビット/秒にしている製品もある。その場合、最大速度は3ストリームで1625Mビット/秒、4ストリームで2167Mビット/秒となる。この変調方式は、パソコンやスマホといった端末の対応も必須で、利用できるのはごく一部機種に限られる。

バッファローの「WSR-1166DHP3シリーズ」は2ストリームで最大速度が866Mビット/秒の製品で、実売価格は税別で約5800円
(出所:バッファロー)
[画像のクリックで拡大表示]
上位機種には規格よりも高速な変調方式を採用し、より高速に通信できるようにした機種もある。写真は最大速度が2167Mビット/秒の「R8500」(ネットギアジャパン)。実売価格は税別で約4万円
(出所:ネットギアジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。