みずほ銀行は2019年2月20日、QRコードを使ったスマホ決済サービス「J-Coin Pay(ジェイコインペイ)」を3月1日に開始すると発表した。京都銀行や北海道銀行など約60の金融機関と連携する。3月1日の開始時点ではみずほ銀行の口座にひも付いた決済や送金ができ、3月25日以降、順次金融機関を拡大する計画だ。

みずほフィナンシャルグループ 執行役社長 グループCEO 坂井辰史氏
[画像のクリックで拡大表示]

 J-Coin Payはスマホにアプリをダウンロードして、銀行の預金口座にひも付いた送金や支払いができるサービスだ。送金と受け取り、加盟店での決済ができる。銀行の預金口座からアプリにJ-Coin Payをチャージでき、それを送金や決済に使用できる。アプリにチャージしたJ-Coin Payを預金口座に戻す入出金機能も用意する。アプリはiOSおよびAndroid版がある。

「J-Coin Pay」の利用イメージ。QRコードを用いて個人間送金ができる
[画像のクリックで拡大表示]

 同サービスの活用を検討している企業は、2月20日現時点でビックカメラやファミリーマートなど小売、すかいらーくホールディングスや日清食品ホールディングスなど食品、東京急行電鉄や東日本旅客鉄道(JR東日本)やJapanTaxiなどサービスなど。

 みずほフィナンシャルグループ 執行役社長 グループCEO 坂井辰史氏は「成長分野であるQRコード決済に、銀行自らがサービス提供者として参入する。他の金融機関と連携して銀行系デジタル通貨のプラットフォームを作る」と話した。加えて、「加盟店手数料が低く抑えられる」「預金口座を持っている利用者は審査不要でサービスを利用できる」(坂井氏)など銀行自らがサービスを提供するメリットを説明した。