日立製作所は2019年1月28日、アジャイル開発のプロジェクトの立ち上げを支援する「アジャイル開発コンサルティングサービス」を2月1日から開始すると発表した。「最短1週間でプロジェクトルームと開発要員をセットで提供するので、すぐにアジャイル開発に取りかかれる」(日立製作所 アプリケーションサービス事業部の西脇康人 デジタルソリューション推進部担当部長)と言う。

 同サービスは、(1)協創空間提供サービス、(2)コーチングサービス、(3)メソドロジーコンサルティングサービス、の3つから成る。

 (1)は、アジャイル開発するためのプロジェクトルームと、日立の開発要員をセットで提供するもの。最短約1週間でプロジェクトルームを確保し、ホワイトボードやデスク、椅子といった什器(じゅうき)、開発に利用するPCやソフトウエアなどを用意する。プロジェクトルームは、プロジェクトメンバーのみが入室できるようにセキュリティー対策も施されているという。

 プロジェクトルームの場所は、神奈川県横浜市にある日立オープンラボ横浜のほか、都内を中心に60箇所以上の施設から選べる。日立は同サービスを提供するため、レンタルオフィスを提供するイトーキシェアードバリューや日本リージャスなどと提携。ユーザー企業の開発拠点から近い場所にプロジェクトルームを設置できる体制を整えた。

 (2)は日立内の認定スクラムマスターを派遣し、アジャイル開発における教育を行うもの。開発に必要な知識を短期間で習得できる導入方法やプロジェクトの立ち上げルール、開発中の進行方法などをのアドバイスを行う。

 (3)は、日立のアジャイル開発のノウハウ集「HIPACE Agile Scrum Methodology」をベースに個々のプロジェクト向けに最適な開発方法論を提案する。また、ITシステム全般に関する社内規約の整備や標準化の取り組みも支援する。

 アジャイル開発コンサルティングサービスで提供する(1)~(3)のサービスは全て個別見積もり。(1)のサービスだけを選択することも可能なので、セミオーダーメードで必要なサービスだけを選択できる。日立は同サービスによって2020年3月までに100プロジェクトの立ち上げを狙う。