今回は、社内のユーザーにぜひ周知していただきたい「Windows搭載パソコンのショートカットキー」を紹介する。今さら説明するまでもないが、ショートカットキーとはステップ数の多い処理や面倒なマウス操作を、キーの組み合わせ一発で処理する機能のことだ。

 おなじみなのが「コントロール(Ctrl)キー」を使った「コピーアンドペースト」処理だろう。対象のオブジェクトやテキストを選択した状態で「Ctrl+C」を押すとコピーでき、「Ctrl+V」で貼り付けられる。キーの場所さえ覚えてしまえばキーボードを見ずに左手だけで処理が完結してとても簡単だ。この処理をマウスで行おうとすると、ファイルを右クリックしてメニューを開き「コピー」や「貼り付け」を選択する必要があり、ひと手間もふた手間もかかる。

 すでにCtrlキーを活用しているユーザーでも、見過ごしがちなのが「Windowsキー」だ。ここ最近のWindowsパソコン用キーボードには、左下のあたりに四角いブロックのようなマークが印字されたキーがあるはずだ。これがWindowsキーで、このキーもショートカットの組み合わせに使われる。Ctrl、Alt、Shift、Windowsの各キーとアルファベット(A~Z)キーを組み合わせることで、膨大なショートカットキーが存在する。

 これらの中から、知っておくと業務が超効率アップする5つのショートカットキーを紹介する。先に挙げた「Ctrl+C」のような定番モノはあえて省いた。とても便利だが、あまり広く知られていないショートカットキーを選び抜いたので、社内で周知したら感謝されること間違いなし。働き方改革を推進するキーマンとして、面目躍如といったところだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。