ノートパソコンのデスクトップが狭く感じられるようになっても、液晶ディスプレーは交換できない。ただし、ディスプレー出力端子を使って外部の液晶ディスプレーに出力するという手段がある。今回は、その際に注意したい点を整理する。

 パソコンに搭載されている出力端子で最もメジャーなのは、HDMI端子だろう。パソコン向けディスプレーのほか、家庭用テレビ、プロジェクターなどに広く普及している。

定番の映像出力端子はHDMI

 Mini DisplayPort端子を持つ製品も多い。また、アナログ出力を行うためのD-Sub15ピン端子は、プロジェクターの標準端子として長く使われていたため、今でもビジネス向けパソコンでは需要がある。

HDMI端子。パソコン、家電の映像端子としてもっとも普及している
(撮影:鈴木 雅暢、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
DisplayPort端子。パソコンのモニター向けの規格を策定しているVESA(Video Electronics Standards Association)の規格だ
[画像のクリックで拡大表示]
ノートパソコンでは、DisplayPortを小型化したMini DisplayPort端子が主に使われる。通常のDisplayPortとは形が違うだけで機能の差はない
[画像のクリックで拡大表示]
アナログ接続に使われるD-Sub15ピン端子
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。