プログラミング言語の進化や新たな技術の台頭により、Webフロントエンド開発が劇的に進化している。処理が遅い、ネットなしでは利用できない、はもう過去の話。現在のWebフロントは、高速にサクサクと動き、オフラインでも動作するのが当たり前になりつつある。Webフロントエンド開発を支える新技術を解説する。

 現在のWebフロントエンド開発は、2つの技術によって進化してきた。ページを遷移せずに表示するコンテンツを切り替えるSPA(Single Page Application)と、オフラインでもWebアプリを動かせるPWA(Progressive Web Apps)だ。SPAは、ユーザーの操作性を大きく改善でき、ムダな通信を省くことでパフォーマンスの向上も期待できる。一方のPWAは、Webアプリをオフラインで動作させたり、描画速度を向上させたりできる。

 これら2つの技術は、高度なJavaScriptプログラムで実現される。つまり、これからのWebフロントエンド開発では、JavaScript、SPA、PWAの3つを押さえておくことが重要になる。

ネイティブアプリとの差が縮まる

 フロントエンド開発に次々と新しいWeb技術が取り込まれている背景には、(1)ネイティブアプリと変わらない表現力、(2)扱える機能の増加、(3)対応プラットフォームの多様化、といったWeb技術の進歩と用途の拡大が挙げられる。

Webフロントエンド開発がさま変わりした3つの背景
[画像のクリックで拡大表示]

 (1)のネイティブアプリと変わらない表現力から説明しよう。これまでのWeb標準技術は、リッチなコンテンツを扱うのは苦手だった。ビデオチャットなどの動画や音声、アニメーションを駆使したUIなどの作成には、機能や処理速度が足りなかったのだ。このようなコンテンツを実現するには、Flashなどのプラグインに頼らなくてはならなかった。

 しかし、ここ数年でHTMLやJavaScriptといったWeb標準技術だけでリッチなコンテンツを作成できるようになった。ブラウザーに搭載されているJavaScriptの処理エンジンは高速化され、さらにGPUを用いてアニメーションも表現できる。ネイティブアプリが中心だったAR/VR(拡張現実/仮想現実)アプリですらWeb標準技術で実現できる。このように、Webフロントエンドだけで完結できることが多くなっているのである。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。