法人向け通信サービスを提供するB2B企業のアルテリア・ネットワークスは、2017年7月に代表取締役社長 CEOに就任した川上潤の下、「B2Bマーケティングを全社員700人のDNAに組み込む」を合言葉に全社変革を進めています。

 スタートからもうじき1年になろうとする取り組みはまだ道半ばですが、2018年8月現在、グループ850人(グループ会社などを含む)全員にマーケティング哲学を浸透させるべく、マネージャー陣が先頭に立って自らの言葉で語り始めるところに来ています。

 この連載では、一人のマーケターである私が、経営企画・管理視点で経営陣の企業変革をサポートし、さまざまな人たちとともにB2BマーケティングをDNAに組み込むプロジェクトをリードしてきたのかを、一人称視点で伝えていきます。ただし、ここには可能な限り、関係者の声を直接取り込む機会も作っていきたいと考えています。

松田 雅仁(まつだ・まさひと)
アルテリア・ネットワークス 経営管理室長
松田 雅仁(まつだ・まさひと) 東京工業大学卒業、横浜国立大学大学院(MBA)修了。テクニカルサポートエンジニアからテクニカルマーケティングを経て、国内通信系コンサルティングファームにてマーケティングリサーチ、マーケティング戦略立案、IT統制などに従事。外資IT企業アジアパシフィック地域チームで、サービス企画やソフトウェアのプロダクトマーケティングに従事する。アルテリア・ネットワークスではディマンドジェネレーション活動やMarketing Automation導入の後、現職。