10Gビット/秒で通信できる10ギガビットイーサネット(10GbE)。例えばファイルサーバーであれば、もはやローカルドライブと変わらない転送速度が得られる。ここにきてネットワークカードで1万円台の製品が登場。KDDI(au)が10GbE対応の光回線サービスを始めるなど、普及の機運が高まっている。本特集では、手に入りやすくなった10ギガイーサがもたらすメリットやその落とし穴などを5回にわたって解説する。

目次

  • 1万円台の10ギガイーサ、NICの実用性を検証してみた

     最大10Gビット/秒で通信できる10ギガビットイーサネット(10GbE)。1万円台で入手できる10GbEネットワークカード、2万円台で買えるスイッチと、ユーザーの手に届きやすい価格帯に下りてきた。普及価格の10GbE対応機器でどの程度の性能が得られるのか。実際に検証した。

  • 激安10ギガイーサの速度、1万円台と4万円台のNICを比較

     約1万3000円からの激安10ギガビット・イーサネット(10GbE)対応ネットワークインタフェースカード(NIC)「ASUS XG-C100C」は、NASやゲームの快適化をうたう製品。一方、サーバーでの利用も想定する企業向け製品は3万円超だ。XG-C100CとX550-Tの違いを検証した。

  • 激安10ギガイーサが遅い、初期設定の落とし穴

     10ギガビットイーサネット(10GbE)環境を整えたものの、いざ使ってみたらギガビットイーサネット(GbE)と変わらない。そんな時はデバイスドライバの初期設定を見直す必要がある。

  • 古いLANケーブルでも速度は5倍、激安10ギガイーサの底力

     データセンター並みの通信が可能な10ギガビット・イーサネット。1万円台の安価なネットワークカードはあるものの、現在普及している比較的古めのCat.5eケーブルが使えないケースがある。ただし、「マルチギガビット・イーサネット」対応の製品であれば、Cat.5eでも2.5Gビット/秒以上の速度を実現でき…

  • ファイルサーバーの限界性能を引き出す、激安10ギガイーサの実力

     最大10Gビット/秒で通信できる10ギガビット・イーサネット(10GbE)。1Gビット/秒のギガビット・イーサネット(GbE)では処理速度が不足するファイルサーバーの処理速度を改善できる。実使用をシミュレートするベンチマークソフトで10GbEの効果を検証した。