2009年10月22日に発売されたWindows 7は、2020年1月14日に延長サポート期間が予定通り終了する。米マイクロソフト(Microsoft)は、サポート期間の終了後はWindows 7の仕様変更や新機能の追加はもちろん、「セキュリティ更新プログラム」も一部例外を除き提供しないとしている。

 サポート期間が終了しても、Windows 7は一応動作する。だがセキュリティ更新プログラムが提供されないため、大変危険な状態になる。未知のものを含むマルウエアによる被害やフィッシング詐欺、情報漏洩などからPCを守れない可能性が高い。そのためマイクロソフトは、Windows 7の延長サポート期間が終了する前に、Windows 10の環境へ移行することを強く勧めている。

 Windows 10に移行するには、現在Windows 7で動いているPCをWindows 10に更新するか、Windows 10のPCを購入する必要がある。ただしPCメーカーは、Windows 7搭載PCのOSをWindows 10にアップグレードした場合は保証しないことがある。ユーザーサポートが受けられず、アップグレードする場合は自己責任となる。

 マイクロソフトは一時期、Windows 7を含む過去のWindowsユーザー向けに、Windows 10のアップグレードライセンスを期間限定で無料配布していたが、既に終了している。Windows 7からアップグレードするにはWindows 10のライセンスを別途購入しなければならない。

 Windows 10のライセンスはマイクロソフトのWebサイト「Microsoft Store」で購入できるが、Windows 10 Homeが1万9008円、Windows 10 Proが2万7864円(ともに税込み)と高価だ。前述のように自己責任となる上に金銭的な負担も大きいため、Windows 7からWindows 10へのアップグレードはあまり現実的ではない。

 恐らくWindows 7ユーザーの多くは、サポート期間が終了する前に、新たにWindows 10を搭載するPCを購入することになるだろう。そうなると、現在使っているPCからのデータ移行が必要となる。本特集では、Windows 7からWindows 10にデータを移行する際の注意事項や、移行方法などを紹介していく。

Windows 7のサポート終了を知らせるWebページ
(出所:米マイクロソフト)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。