パスワードの使い回しを回避する方法の筆頭といえるのが、パスワード管理ソフトを利用すること。そこで今回は、パスワード管理ソフトの機能や使い方を解説する。

理想的なパスワード管理は困難

 まずは、理想的なパスワード管理を考えてみよう。一般的にいわれている安全なパスワードの作成と運用の方法は次の通り。

理想的なパスワードの管理方法
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、パスワードは長く複雑な文字列にする。できれば12文字以上で、大文字/小文字/数字/記号といった異なる種類の文字が混在するのが望ましいとされる。

 また、利用しているサービスごとにパスワードを変える。さらに、一定期間ごとに新しいパスワードに変更すべきだとされている。

 これらのルールをすべて守りながら、パスワードを管理し続けるのは至難の業だ。そこで、パスワード管理ソフトを使用する。

 パスワード管理ソフトは、IDとパスワードをサービスごとに管理し、自動的に入力してくれる。これにより、人間が頑張って覚えなくても、理想的なパスワードの運用が可能になる。

パスワード管理ソフトの機能
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。