PCを使う上では、快適にインターネットにアクセスできる環境を整える必要がある。メールを送受信したり、Webで情報を収集したりするのはもちろん、ファイル同期サービスやメッセージングサービスなども、インターネットに接続しないと利用できないからだ。そこで今回は、ノートPCのネットワーク機能を見ていく。

Wi-Fi(無線LAN)やイーサネット(有線LAN)など、ノートPCのネットワーク機能に注目
[画像のクリックで拡大表示]

無線LANは対応規格を確認する

 ノートPCの場合、Wi-Fi(無線LAN)でインターネットに接続することが多いだろう。最近は、イーサネット(有線LAN)ポートを搭載せず、無線LANでしか接続できない製品も少なくない。

 現行のノートPCが搭載する無線LAN機能は、IEEE 802.11b/g/n対応、IEEE 802.11ac/a/b/g/n対応の2系統に分けられる。5万円台くらいまでのローエンドに近いモデルには、IEEE 802.11b/g/n対応のものがある。10万円以上するミドルクラスからハイエンドのモデルは、おおむねIEEE 802.11ac/a/b/g/n対応だと考えてよい。下の表に、それぞれの無線LAN規格の最大通信速度と、利用する周波数帯域をまとめた。

無線LAN規格の通信速度と周波数帯域
[画像のクリックで拡大表示]

 無線LAN規格ごとの最大通信速度は、IEEE 802.11nが600Mビット/秒、IEEE 802.11acは6.9Gビット/秒となっている。ただし実際は、ノートPCなどの機器が搭載するアンテナなどによって通信速度が変わってくる。ノートPCはアンテナを2本搭載していることが多く、IEEE 802.11nまでに対応するモデルでは300Mビット/秒まで、IEEE 802.11acにも対応するモデルで867Mビット/秒までというケースが大半だ。

 またノートPCの無線LAN機能を100%生かすには、ネットワーク内の対応規格をそろえたほうがよい。IEEE 802.11acを使いたいのであれば、ノートPCはもちろん、無線LAN搭載ブロードバンドルーター(無線LANルーター)または無線LANアクセスポイントも、IEEE 802.11acに対応している必要がある。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。