現在、PC用のマウスには、ブルーLED、レーザー、光学、IR(赤外線)の4種類の読み取り方式がある。昔は、内部のボールが動くことによって、マウスの動きを読み取るボール式のマウスもあったが、現在はほとんど売られていない。

 4方式のいずれも、光源から発せられた光をマウスが接している卓上に反射させ、その模様をイメージセンサーで読み取って、マウスの縦と横の動きを認識する。光源が異なるだけで、仕組みは似ている。一方で、精度や消費電力などは読み取り方式によって異なる。

 読み取り性能が高いのは、レーザー方式とブルーLED方式だ。レーザー方式はレーザー光を光源として使用しており、光沢のある卓上やガラスといった従来のマウスが苦手としていた場所でも使いやすい。ブルーLED方式はそれに加えて、アクリルといった透明面にも強い。ただし、価格は光学式やIR方式よりも高くなりがちだ。

 一方、光学式やIR方式は、部品のコストが安いため、安価な製品が多い。またIR方式は、光の波長が長く動作電圧の小さい赤外線LEDを採用することで、低消費電力で動作する。

 光学式の赤色LEDやIR方式の赤外線の光源は波長が短く拡散率も高いため、ほこりやちょっとした凸凹をも感知してしまう。レーザー方式やブルーLED方式と比べると読み取り性能が劣り、誤反応が起こりやすいのだ。光学式やIR方式は、光沢面や透明面といった卓上で全く反応しないこともある。どのような場所でも問題なく使いたければ、レーザー方式やブルーLED方式を採用するマウスを選びたい。

 光学式やIR方式は、光沢面や透明面の卓上は苦手だが、マウスパットを使えば問題はない。それを用意することで、製品の価格が安い光学式やIR方式のマウスを選ぶ手もある。

エレコムの「EX-G ワイヤレス BlueLED マウス」のうち「M-XGM10DBXBK」は、ブルーLED方式のマウス。実勢価格は約2900円。なお本記事中の価格はいずれも税別である
(撮影:スタジオキャスパー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
米マイクロソフトの「Surface Precision Mouse」(直販価格は約1万3000円)もブルーLED方式。マイクロソフトは「BlueTrackテクノロジ」と呼んでいる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。