最近は、オフィスや自宅、出先でも、ノートPCをメインマシンとするユーザーが増えている。だが、そうしてノートPCを使っていて、キーボードやタッチパッドが使いづらいと感じたことはないだろうか。ノートPCの場合、スペースや重量が限られているため妥協の上、設計されていることが多い。

 もし、ノートPCをメインで使っていてキーボードやマウスが使いにくいなら、自宅や職場などノートPCを持ち運ぶ必要がない環境では、別のキーボードやマウスを用意して使ってみてはどうだろう。

 本特集では、キーボードやマウスの種類や選び方を説明していく。ノートPCはもちろん、デスクトップPCにつなぐキーボードやマウスを選ぶ際の参考にもなる。活用するために役立つフリーソフトも紹介する。なお本文中の実勢価格は、いずれも税別表記である。

ノートパソコンに外付けのキーボードやマウスをつなぐことで、使い勝手を大幅に変えられる
(写真:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

外付けキーボードの接続方法は有線と無線の2種類

 ノートPCのキーボードは、原則交換できない。購入したノートPCのキーボードの形状やキー配列が特殊だったら、慣れるしかないので大変だ。だが、ノートPCのキーボードは往々にして、キー配列や間隔、打ち心地といった使いやすさに直結するような部分で、使い勝手の悪さを感じることがある。

 例えば左右の「Ctrl」キーや「Shift」キーなど頻繁に使うキーの幅が極端に狭かったり、「Enter」キーの右側に「PgUp」キーと「PgDn」キーが隙間なく配置されていたりするキーボードを見かけたことがあるかもしれない。こうしたキーボードをある程度使ってみて、打ち間違いが減らない、あるいはイライラしっぱなしという状態だったら、使い勝手が自分に合った外付けキーボードの導入を考えよう。余分にスペースを取るが、ストレスを軽減できる。

 現在売られているPC用キーボードは、有線キーボードと無線キーボードの2種類に分けられる。有線キーボードは、ほぼ全てがPCのUSBポートに挿すだけで利用できるタイプだ。

 無線キーボードには、PCのUSBポートに専用の受信機を取り付けて使う独自無線タイプと、Bluetoothで接続するタイプがある。独自無線タイプの場合、USBポートに取り付ける受信機とキーボードは工場出荷時からペアリングされており、設定は不要という製品が多い。PCに受信機を挿せば、すぐ利用できる。また、独自無線タイプの無線キーボードは、PCでは有線キーボードと同じように認識するため、BIOS画面やUEFI画面、Windowsのセットアップ画面といった、Windows実行時以外の画面でも操作できる。

無線は独自無線タイプとBluetoothの2種類。独自無線タイプはパソコンのUSBポートに受信機を取り付けて使う。受信機はどの製品も小型で邪魔にならない
[画像のクリックで拡大表示]

 Bluetoothで接続する対応(Bluetoothキーボード)は、Bluetoothを搭載するノートPCであれば、外付けの受信機は不要だ。ここ5年に発売されたノートPCの大半は、Bluetoothを搭載している。仮に搭載していなくても、USBポートにつなぐBluetoothアダプターを用意すればよい。Bluetoothキーボードの中には、Bluetoothを搭載するスマートフォンやタブレット、ゲーム機などでも利用可能な汎用性の高い製品もある。

 ただしBluetoothキーボードは、利用に際してノートPCでBluetoothの設定画面を開き、ペアリングと呼ばれる設定をすることが必要となる。Bluetoothキーボードを使えるのは、ペアリング設定をしたOSのみ。BIOS画面やUEFI画面といったOS以外の画面や、OSのセットアップ画面などでは利用できないこともあるので注意したい。

 Bluetoothキーボードを選ぶときは、マルチペアリング機能の有無にも注目したい。マルチペアリング機は、複数のノートPCやスマホとペアリングできる。キーボードや切り替えボタンを使って接続先を変えられるため、複数の機器を切り替えて使う状況で便利だ。

Bluetoothタイプはノートパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも利用可能だ。写真はダイヤテックの「Majestouch Convertible 2 茶軸・フルサイズ・英語 US ASCII」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。