Webアクセスの新しい通信プロトコル「HTTP/3」が登場した。従来のHTTPよりもWebアクセスを劇的に効率化する。HTTP/3が登場した背景やその仕組みを解説する。

 Webの世界を支える通信プロトコルHTTP。1997年以降、そのバージョン1.1であるHTTP/1.1が広く使われてきた。だが、Webのトラフィックが膨大になるにつれて、より効率的なプロトコルが求められるようになった。

 そこで2015年に登場したのがHTTP/2だ。HTTP/2では、同時に複数の通信が可能なストリームという通信路を作るなどの効率化を図っている。しかし、TCPを採用していることで様々な制限がある。

 まず、接続開始時にハンドシェークによりコネクションを確立するため、その分の遅延は避けられない。また、再送処理を行うため、パケットロス時の速度低下が大きい。HTTP/2では暗号通信にTLS(Transport Layer Security)を利用するが、TCPヘッダーが暗号化されないため、通信を妨害する攻撃が可能だという問題もある。

 さらに、携帯端末で通信している際に場所の移動などでネットワークが切り替わると、その時点で通信が切れてしまう。

 そこで、HTTP/3ではTCPを捨てるという選択により、これらの問題を解決している。具体的には、TCPの代わりにUDPを使い、これにグーグルが開発した「QUIC」という新プロトコルを組み合わせる。

 QUICは、TCPと同等の信頼性確保の仕組みを備えつつ、前述したTCPの問題点を解決している。これにより、HTTP/3では通信のさらなる効率化が可能になる。

 オーストリアのQ-サクセス(Q-Success)によると、HTTP/2に対応しているWebサーバーは、現時点で3割強だという。

 HTTP/3が登場したからといってHTTP/2がすぐになくなるわけではない。ただ、HTTP/3はHTTP/2の目的である通信の効率化をより推し進めるものであり、HTTP/2と用途は似ている。将来はHTTP/2に代わってHTTP/3が使われるようになる可能性は高いと考えられる。OTTの大規模なWebサーバーから導入が進んでいくだろう。

HTTP/3がHTTP/2を置き換えていく
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。