AIの活用が進むにつれて課題も見えてきた。人材が足りず、データの収集と加工も十分でない。判断基準がブラックボックスになる不安を抱える。

 国内大手企業のAI活用が進み、一部の企業は売り上げ拡大につながる手応えを感じ始めた。

 日経コンピュータと日本経済新聞が実施した調査では、2020年度にはAI活用が業績を押し上げると期待する企業が多いと分かった。一方でAI活用に不可欠な人材の増強やデータの収集・加工に課題を抱える現状も明らかになった。改善を怠ればAIによる業績向上は幻想に終わる。

 AIを活用する94社に対してAIによる営業利益の押し上げ効果の2018年度見込みを聞いたところ、プラスの金額を回答したのは3社だけだった。2年後の2020年度にはAI活用が2017年度比1億円以上の業績向上に貢献すると回答した企業はグッと増え12社に上った。

 「攻め」のAI活用については試行段階にあり、今後の本格的な活用で数年後の成果を狙っている。そんな典型的な国内企業の姿が浮かび上がる。

 ただし、期待通りに進むとは限らない。課題は企業自身が認識するように、人材とデータにある。AI活用の今後の課題として「AI活用を担う人材の増強」を選んだ企業は全体の87.6%に達した。内部人材の育成や外部人材の取り込みが不可欠な状況にある。

Q AIを活用するうえで今後改善すべきだと考えていることは何ですか(n=113、複数回答)
最大の課題は人材の増強
[画像のクリックで拡大表示]

 「AIの学習に必要なデータの収集・加工」が課題だと回答した企業は全体の76.1%だった。同じ意味のデータを同じ形式にそろえるといった加工作業は技術的難度が高く、調査や修正に手間がかかることもあって、後回しにされがちだ。

 課題は人とデータにとどまらない。「どこにAIを使うべきかの意思決定」に課題があると考える企業は50.4%に上った。このほか「AIの最新技術や活用事例の情報収集」は38.9%、「社員や経営者のAIへの理解」は37.2%、「AIの活用に関するルールの整備」は33.6%の企業が課題として挙げた。多くの国内企業は、AI活用に向けて複数の課題を認識している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。